親子関係のカルマ

女医Kさん 前話の続きになります。

2) 母に対する怒りについて

Kさんとはあらゆる内容のセッションをしてきましたが、その中でもKさんの性格や人生に対する信念、自己評価などを決めてしまう根源となったところがこのお母様との関係であることは否めないと思います。(もちろんお母様の存在が全てを作り出したのではありませんが、ネガティブな影響が大きく出てしまったのは確かです)

母親は褒めたり、認めたりすることもなく、愛されている、ケアされているという思いもKさんの中では湧くことはほとんど無く、むしろ逆で、認められない、愛されてないと感じる思いでいっぱいになっていました。他人にでさえ心を開いて愛を与えるということも、頭ではわかっていても心では追いつかない。。。そんな人生でした。

これまでもセッションをする中で、お母様の話題が上がったことも何度かあります。
ご本人ももっと向き合ってみようとあるとき、母親に電話をして本音をぶつけてみました。

もっと理解されたかった、認めてもらいたかった、話を聞いてもらいたかった。。。

ずっと寂しい思いをしてきたことなど打ち明けたのだそう。

彼女の中で言いたくても言えなかった、つかえが抜けたことはとても大きなことだと思います。

ですが日が経つと、やはり納得のいかない苛立ちが上がってきてしまう。。。

そして前世を見てみると、

前世でも親子だったんです。

しかも逆バージョンで。

Kさんが母親で、お母様が娘。

前世でのKさんはおばあちゃんに育てられました。

いつも「お前は何もできない!」と酷い虐待を受け、心は荒んでしまいました。
自尊心はボロボロで人を貶めることで自分の自尊心をあげておくことしかできず、(実際には上がってないのですが)何か良いことがあっても喜ぶことを知らない、感謝することもない性格となってしまったのです。

前世でのKさんは子供を生みますが、そこで生まれてきた女の子が今世での母親になります。

Kさんは自分がおばあちゃんにやられたことをそのまま娘にやります。
「この役立たず!」といつも罵倒し、娘は言い返すことも出来ませんでした。

娘は大きくなると結婚し、実家を出ますがお互いに裕福ではなく質素な暮らし。娘は年に1度は顔見せに行こうと、大きなお肉を持ってKさんに会いにいきます。
当時の暮らしでは、たくさんお肉が食べれるのは年に1度だけ。

ですがKさんは「この娘は滅多に帰ってきやしない!」と折角のお土産に対する喜びもお礼も表現することなく、嫌がらせな言葉だけを浴びせてました。

そのうち娘は、「もうこんな目に合うのは嫌だ。。。」と帰るのを3年に1度、5年に1度と10年に1度と母親から遠ざかっていきました。

この話をKさんにお伝えすると、「それは(前世の娘は)今世の私とまるで同じ。。。私が先にそんなことをやってしまったんだ。。。ドカンと頭を打たれたような衝撃です。。。」と言っていました。

これがカルマです。

因果応報。

やったらやりっぱなしはない。

やられた側は悔しい思いを握りしめ、いつか仕返してやりたい。。。という念を持って死に、やってしまった側はどこかで、やってはいけないことをした。。。という後悔を持って死にます。

嫌がらせをやる側を経験し、後悔し、嫌がらせを受ける側を経験し、もう決して恨まず流すと決める。

これが魂の進化です。

もしここでKさんがまた仕返してやりたいと思って今世を終えるならば、来世で復讐劇の続きが始まりです。

お分かりの通り、堂々巡りになるだけなんです。

お伝えしただけでも「そういうことだったのか。。。」と握っていたものが落ちますがここで終わりにはしません。

前世から恨まれたエネルギーや、自身の後悔を浄化することで、目に見えない前世から背負ってきた重さが抜け、新たな関係のスタートが切れるようになるんです。

前世のエネルギーを浄化したことで、相手が別人のように突然優しくなったりすることも多々あります。
またはなぜか付き合いやすくなったり、お互い笑えるようになったり。

Kさんはこれまでの大きな恨みはもう落ちたと思います。
引っかかりが無くなれば、老後の母を優しくいたわることも自然と出来るようになることと思います。

これで母親との間のカルマの終焉です。

お母様との関係はまるで大きな氷の塊のようで、この氷があったがためにKさんはどうも、人に対して愛情を与える、感じるというところの感覚が鈍くなっていたんです。
ですが今はその氷が溶けたことで心の中の温度も上がり、他人に対する愛情や自己愛もこれからもっともっと感じられるようになってくることと思います。

こんな状況でしたが、Kさんはいつも笑顔が素敵な方で、子供たちにはちゃんと愛情をかけることが出来ているのは本当に救いで、母親として立派に頑張っています。



前世からの恐怖症

今回のセッションは予定よりも延長になりまして、数日自己浄化期間でゆっくりしていました。

覗いてくださっていた方々、なかなか書けずにいてすみません。

セッション期間中は晴天の日々が多く、雨も1、2度ほんの少し降ったくらいで、すっかりモンスーンも終わったんだなぁとホッとしていたら、またやって来ました、大雨!

モンスーンが振り出しに戻ったかのように朝から晩まで、降りっぱなしです。。。

インドはダサインという1年で一番大きい、日本で言うならお正月なみのフェスティバルが始まりました。

日本でも年末の大掃除をしますが、こちらではダサインの大掃除!

そんなに大きな家でなければ外壁の塗替えもこの時におこないます。

みんな窓を拭いて、モップがけしてと大雨の中掃除に大忙しです。



さて、
今回のセッションの後で、女医のKさんが「最初に幸衣さんと出会ったころからブログを読ませていただいて、人生や生まれ変わりの意味を他の方の事例を通して知ることで、考え方も少しずつ変わってきました。私の話も教訓的なので、ブログに書いてくださって大丈夫です」とメールをくださいました。

有難く書かせていただきます。

Kさんの今回のセッションのご依頼の内容が3つ。

1)クモ恐怖症
2)母に対する怒り
3)おじいちゃんについて でした。

折角ですので、何かしら参考になるかもしれませんので、全て書かせてもらうことにします。

Kさんとは、初めてのセッションから4年のお付き合いになります。
これまでも色々な内容がありましたが、まさか「クモ恐怖症」を抱えていたとは知らず驚きました。

まず浄化する前に、なぜそんな恐怖症になっているのかを霊視。

今世で特にクモに噛まれたような経験やトラウマもないのに恐怖症を持っている方は前世の記憶が出てきているんです。

Kさんも、まさにそれでした。

この前世でKさんは男性で、ジャングルの中を3人で歩いていると、小さなクモがたくさん繁殖しているところに足を踏み入れてしまったんです。

この小さなクモが恐ろしい毒蜘蛛で。。。

すぐに引き返したものの、片足は倍に腫れ上がり、何ヶ所もたくさん噛まれたことで神経もおかしくなり頭も朦朧とし、まともに考えることもできず1ヶ月は寝たきりになってしまいました。翌月には少しずつ歩けるようになり、幸い2ヶ月後には回復しました。

が!この前世ですでにクモ恐怖症です。
家の中にクモが入ってきただけでも恐怖でパニックになるほど。

これが前世のクモ恐怖症のトラウマとなったストーリー。

浄化に入る前にクモを想像してもらうと、写真も見てないのに
「うわー怖い!本当に怖い!うわーダメだ!」と物凄い反応。

そこでその恐怖と前世のトラウマが繋がるエネルギーを浄化。
そしてもう一度クモを想像してもらうと、
「嫌だとは思うけど、もうそこまで怖いとは思わなくなった。あれ?なんか大丈夫かも?」とすっかり落ち着いた様子でした。

これでもうパニックになることはないはず。

前世から作り出している「恐怖症」とサヨナラです。

ちなみに別件になりますが、閉所恐怖症の方とワークしたことがあります。
前世で生きたまま棺桶に入れられ、生き埋めにされているシーンが見えました。

それをお伝えすると「映画で棺桶に生き埋めにされてるシーンを見たとき、あまりの恐怖心に、なんでこんなに怖いんだろうと思ったのをよく覚えているのだけど、自分の前世の体験だったんだ。。。。」と驚いてました。

このケースもその経験のトラウマを浄化し「閉所恐怖症」とサヨナラです。

今世でトラウマになる経験もない恐怖症は、意味不明でとても厄介なことだと思いますが、前世からの記憶を掘り起こし浄化することでこれまでのパニックから脱却し、落ち着いた状態で暮らせるのであればとても嬉しく思います。

Kさんの2)と3)の話は追ってアップしていきます。




チャクラはプロテクター

チャクラは多くの人が知っていると思いますが、肉眼で見えているわけじゃないので、そういう情報を知っているだけになってしまっていると思います。

チャクラはエネルギーセンターと言われてますが自分にとって悪いものをブロックする役目もあります。

例えば、虐待されたり、罵られたり、いじめにあったり心が萎えることが起きたりしたとき、それに立ち向かえるほどの力がなかったり、またはまだ幼く立ち向かえるような年齢じゃなかったりした場合、チャクラを使って外から襲いかかってくるエネルギーから防御するんです。

チャクラが開いているとか閉じているとかよく言われていますが、恐ろしいエネルギーがやってきて「もう受け入れられない」となった場合、それ以上その人のエネルギーでやられないようにチャクラのバルブ(弁)が閉じちゃうんです。

そうすることによって守りに入ったことになります。

バルブが閉じれば、同じことが繰り返されてもチャクラから取り入れられなくなるので、例えば「こんな人どうでもいい」といった感じで心を繊細にして傷つくのをやめるような、いくらか無感覚にするようなかたちで守り、乗り越えられるようにしているんです。

ですがチャクラを閉じるというのは、解放するのをやめて守りに入るという意味ですから、自由で自分らしい感覚までも閉じてしまうんです。

これは一時的ならいいのですが、長期的になると大変。。。

慢性化すると、今度は塞いでいるのが普通で、自分はそういうものだと思い込んでしまったり、なんだか毎日がどんよりしていてやる気も出ないとか、自信が持てない、勇気がない、人を信頼できない、誰かを好きになることもできないなんてことになってしまうこともあります。

これは自分だけのせいじゃなく、人のエネルギーがチャクラに乗っかっていて発揮させないようになってしまっていることもあるんです。

または人が向けてくる思想がネガティブ、または自分と同調しない場合もチャクラが自動的に閉じて相手のエネルギーをブロックすることがあります。

相手が敵意を持っているのならまだわかりやすいですが、持ってない場合もあります。

例えば以前にこんなことがありました。

あるインド人で、とても気さくで明るい人がいたんです。

話していて楽しいのにも拘わらず、どうも途中から拒絶反応が起こり出して、楽しい人という印象から近寄りたくない人に変わってしまったんです。

特に何か言われたり、嫌なことをされた覚えもないのに。

理由を探ってみようと思い、お腹のあたりのチャクラで「近寄りたくない」と言っている自分のエネルギーがあり、そこにどんな理由があるのかしっかりと入って見てみると、私のチャクラにこの人のエネルギーが付着していました。

なんと、そのインド人と彼の友人が話している映像が出てきて「これはいい。叡智を持つグルジとヒーラーの日本人。これは売れる!」となんらかの形で私たちを金儲けの材料にしようとしてたんです!

さすがインド人だ~!(笑

グルジに話すと、「あーそういうこと以前にも私に言ってきたことがあるな。グルジの話を録音して著作権を取って売りに出すなんて言ってたことがあった」とグルジはその彼がそういうタイプの人だと知っていたそう。

こういったエネルギーに不慣れな私は、そんなエネルギーが向けられたことで無意識的に恐怖を覚えたんでしょうね。「近寄るな!危険人物!」って(笑

反応の原因が予想外なところにあって、こんなのもありか!とちょっと驚きました。

ちなみにその彼のエネルギーを私のチャクラから浄化したら、妙な反応はなくなりどうでも良くなりました。

でもこの程度のことは人生を揺るがすほど大きなことじゃないので、これによってすごく悩んだり大きく性格を歪める原因になるということはないですが、虐待やいじめやパワハラなんかでその相手のエネルギーがあまりに強く自分のチャクラに付着した場合はかなり大変。それがどのチャクラにも付着してるような状態になったらメンタル的に出口がないかのような状態になったり、体調がガタガタになったり。

でも出口を見つけられたら、またチャクラの状態も変わるんです。

こんな過去のことに振り回されずに、こういう心持ちで頑張ろうとか、または相手のことも自分のことも理解ができたとき、詰まりが溶けて自分らしく生きれるようになります。

セッションでチャクラに付着しているものを綺麗にしたことで、特定の相手と突如関係が良くなったという報告もたくさんもらいますが、これはご自身でもできます。

ちょっと練習が必要ですけど、例えば父親と不仲で父親のことを考えると苛立つとします。 

その苛立ちは体のどのあたりで感じるか確認します。

もしかすると下腹部だったり、おへそのあたりだったり、胸だったり、どこかしら感じるはずです。

または人によっては、鏡でみるとあるチャクラがどんよりと暗いエネルギーになっているが見えるかもしれません。

そこに大きな掃除機のパイプをつけて、一気にそこの汚れを吸い取って宇宙に掃き出すイメージをします。

もしそれでダメな場合は、逆にそのパイプから天界の神聖な光を注いで汚れを押し出してみてください。

それでもダメな場合は、その汚れたエネルギーが風船に入っているイメージで爆破してみます。付着しているエネルギーを粉状にして飛ばしてしまうだけで、チャクラは壊れないので大丈夫!

それでもダメな場合は、そのエネルギーが動くまで見続ける。
善悪で一切ジャッジせずにじっと観察するように見続ける。エネルギーって観察されるとその影響によって動くんです。

それでも抜けきれないときは、別のチャクラが閉じていることが原因していることもあるので、この手法のいずれかを使って別のチャクラを綺麗にしてみる。

時間があるときに全部のチャクラを綺麗にしてみると、こんなに気分が良くなるんだぁってびっくりします。

常日頃からご自身でもできるので綺麗にしてみてください。

今まで気を揉んでいたことが、チャクラを綺麗にすることでさらりと紐解ける可能性は十分にあります。

最近の食事

インドは日中はだいぶ暖かくなりました。

最低気温も10度、最高気温も23度とかなりポカポカ陽気です。

日差しは春とは思えないほど強く、しばらくに陽に当たっていると真っ黒になります(笑

今月は暫くブログは投稿してなかったのですが、自分の中の思考パターンなどをトコトン観察していました。

どうしてもマインドというものは、問題が外にあるとか外を変えることで解決になると思ってしまうところがありますが、「そんなトリックにハマらない!」と必死に内観し、何をどう自分の内側から変えられるのか、時間をかけて見ていました。

やっぱり全ての問題は心の在り方や反応の仕方一つで人生が丸ごと変わってしまう。

ときどきヒーリングなんてやっていても、いきなり真理に到達するわけじゃないし本当のところ意味がないんじゃないか。。。なんて思ったこともあるのですが、いやいややっぱりテクニカル的なものがあると壁を突破するのが劇的に早まるのは間違いない!と自分でやってみて本当に実感(笑

時には問題が明らかにわかっているし、それが自分の心の持ち方が悪いのもわかっている。だから誰もせめていることもないのだけど、脱出できない。。。なんてこともあります。

そんな時にそのたった一つが頭を占領して苦しめているのだけど、それが浄化されて突如楽になったときは本当にどれだけ肩の荷が降りることか。。。

って今回自分でヒーリングやってて本当によかった。。。なんて思ってしまいました。

もちろんヒーリングのテクニックなんてなくたって人生はきちんと歩めるものです。

捉え方の基盤さえきちんとして、それに沿って生きられるならみんなブッダですから。

ただ私はその基盤をきちんと一歩一歩と受け入れて行くためにも、浄化すると受け入れのスペースができるようになるので、前進が早まるという実感をしています。

元々は常に自分のために勉強していて、こんなに苦しい状況だってこんなにも早く一つずつ解決して、心が楽になれるんだという感動を分かち合いたいという思いでヒーリングをしてきましたが、ときどき感動のフィードバックを貰えるのは本当に嬉しいものです。

数日前もデリーに住むラデくんがうちに登場しましたが、「ヒーリングを受けてから夫婦仲が劇的に改善できたし、自分自身変えたいと思っていても変えれなかったことが素直に変えれるようになっていて本当にこんなに効果があるんだって驚いた」と聞いたときは一歩でも前進に繋がってよかったと本当に嬉しかったです。

 

さて、ところでみなさん食事は気をつけてますでしょうか?

そういえば、いつだったか「リトルミレット(粟)を米の代わりに2週間食べてみて身体にどう影響するか見てみよう」とやってみたんです。

正直言うと、そんなに美味しいものでもなく初めの4、5日は「う~ん。まずくはないけどけど、2週間でやめそうだな。。。」と思っていました。

が1週間を超えると、どういうわけか味に慣れてしまい普通にお米を食べているかのような感覚になってしかも玄米より消化は楽だし、こっちの方が全然いいじゃん?!となり、もう3ヶ月くらい経つかな?今でも夕食の多くはリトルミレットです。

朝食はというと、ここ最近は”ベジバーガー”。

私たちの朝食パターンは、大体の気候によって変えてます。

寒い時はスープやさつまいもを練りこんだ全粒粉のチャパティ、暑い時期はヨーグルトサラダとチャパティなど身体を冷やせるものを摂ってます。

インドでは「ライタ」と言って、ヨーグルトにキュウリや他の野菜などを和えて塩で味付けする1品が多く添えられます。

アーユルベーダの食べ方です。

(ヨーグルトは塩と野菜で食べると消化剤になり、暑い時期は身体を冷やしてくれます。冬にこれを食べると咳が出やすくなったり風邪をひきやすくなるのでご注意。ヨーグルトは砂糖で食べるとおやつになり消火剤の働きは得れません)

今はまだ朝晩は少し寒いので、サツマイモを多く摂るようにしていて、スープにしたり、パン生地に練りこんだりもしてます。

ここ最近はオーツとサツマイモをたっぷりと練りこんだパンを焼いていてこれが朝食のベジバーガーになるベース。

ほんのり甘くて最近の一番お気に入りです。

ちなみに私はパンがあれば生きていけるくらいパン好きで、やっぱり自分で作ったパンが一番美味しいので、こだわって作ってます。

ベジバーガーの中身は、生ひよこ豆からオーブンで焼くファラフェルを作ったり、または茹でひよこ豆を潰して色々混ぜ込んでサラダ風にしたりと。

その上にスチームキャベツサラダに、カシューナッツマヨネーズをたっぷりあえる。(レタスがあればいいけど、インドはレタスは売ってないので)

カシューナッツマヨネーズは卵なし、オイルなし!

ベジタリアンの方にはオススメ。

材料書いておいきます。

カシューナッツ(水に15分くらい浸けておく)
レモン汁

にんにく
黒塩(なければ普通の塩)

をブレンダーでスムーズなマヨネーズのかたさになるまで攪拌。

めちゃくちゃ美味しいです。

グラムとかは全て感覚で作るので適当なので、初めから水を入れ過ぎずに足していってください。

パンですらグラムを計って作ったことがないほど、計らない人なので。。。(笑

てきとーでも感触でわかるんです。

こんなベジバーガーを朝食に作ってみたら、グルジは

「暫く飽きるまで毎日これでいこう!」とかなり気に入ったようです。

お弟子さんの来客

 

ついにインドはフェスティバルが始まりました。

フェスティバル=爆音ミュージック。

24時間巨大スピーカーで音楽が流され、インド中こんな感じで、スピーカーの近くの住民は全く眠れない日々だと思います。

うちはスピーカーから500mくらい離れているのですが、直線上にないのでうるさいですが、眠れないほどではないのでなんとか免れてます。

 

そんな中デリーからグルジのお弟子さんのラデ君がやってきました。

「お願いだから相談させて。。そっちまで行くから。。。。」と懇願されたものの、グルジは「忙しいからダメだ。」と電話でカウンセリングしてましたが、よほど悩んでいたようで「もう限界だから。今から電車の切符買うから」と半ば押し掛け状態でやってきました(笑

行きの列車は28時間かかり、帰りは特急電車が手配できて18時間。

 

インド内とはいえ広大な土地なので丸二日列車泊で、うちには一泊だけして帰るのですからよほどの決意がないと出来ないです。

 

グルジから今後の指針を得て、全てノートに書き込み、最後私に「お願い、ネガティブなエネルギー浄化して。。。」と。

「浄化しなきゃならないものはないない!ネガティブなエネルギーがない人なんていないから大丈夫!グルジから今後の指針も得たからあとは実行あるのみ!頑張れ」とふざけてましたが「ヒーリングなしで帰ることになったら、帰りの電車で泣きそうだからなぁ」とからかいながら出発の当日の朝にしっかりやってあげました。

 

彼はキレキャラがあって、かなり怒りっぽくキレやすいところがあるのですが、以前ヒーリングをしてあげたことで本当にキレキャラが激減して夫婦仲もかなり良くなったのですが「後まだちょっと5%くらいキレるところや、撃沈するところがあるから直したい。。。」と本音を吐露。

相当改善してきています。

 

キレキャラ支配型の一部はイケてないですが、全般的にとても素直な性格で、グルジのお弟子さんの中では一番将来の見込みがあると見てます。

私は一人大忙しでした。カウンセリングトークにも参加しながらも、朝昼晩の食事も用意して、ヒーリングもして、帰りは色々とお土産も持たせて、さらにお弁当も持たせます。

インドの電車は時にはスナック売りしか来ないなんてこともあり、長距離列車なのに食べるものがない。。。なんてことも良くあるんです。

なのでお弁当を持たせるのはとても無難。(現に行きの列車では本当にピーナツ売りしか来なくてずっと空腹に耐えてきた。。。と言ってたくらい)

長距離で頑張って来て、笑顔で帰って行きましたがこのトリップが有益なものになるかどうかは、これからのラデの努力ある行動にかかってきます!

 

恐怖症の浄化

今日は恐怖症について。

きっと皆さんの周りでも一人くらいは○○恐怖症というのを感じている人がいると思います。

私のところにもいろんな恐怖症の方がお見えになられました。

閉所恐怖症

高所恐怖症

金属恐怖症

ヘビ恐怖症

クモ恐怖症

暗闇恐怖症

水恐怖症

飛行機恐怖症

などなど他にも特定の爬虫類とか昆虫とか色々あります。

今世でこれといった恐怖を作り出す理由がないのになぜか怖い。。。という場合ほぼ間違いなく前世での経験が記憶の奥深くにあり、それが現実目の前に現れると前世の恐怖が蘇るというパターンです。

 

これ本人は何十年も怯えることになるのですごく大変ですけど、意外と簡単に治せるんです。

前世での記憶が特定できたら、その恐怖の記憶を浄化しちゃうだけ。

それだけで「あれ?怖くなった???」と即座に反応が変わります。

 

例えばヘビ恐怖症の場合、今世で何も経験がない場合は前世で毒蛇に噛まれた経験があることもあります。

そういう場合、蛇の写真を見てもらい反応してもらいます。

こういう方々は大抵見れないくらい怖いんですよ。

テレビで蛇が出てきたらチャンネル変えちゃうと言うくらいですから。

そこから前世での記憶をこちらがキャッチしてひとつひとつ綺麗にするんです。

そしてまた蛇の画像を見てもらう。

そうすると「あれ?さっきまであんなに震えてたのに、蛇を見ても ただ蛇がいる。。。って感じで。。。。あれ????怖くない!?」といった具合に前世のトラウマの浄化になります。

 

閉所恐怖症でも前世で長期的に狭いところに閉じ込められた経験があったり、または棺桶に入れられ生き埋めにされていたりとそれぞれ理由は皆違いますが、テレビや映画を観て「この映像見ていられない。。。」という強い反応がある場合、前世とリンクしていることが多いです。

 

ご自身でも浄化できる可能性は十分にあります。(練習が必要!)

何かに過剰に恐怖を感じるとしたら、

その恐怖が身体のどのあたりにあるのかを感じます。

例えば下腹部に感じるとする。それはどのくらいの大きさなのか?

その恐怖を風船で例えると、どのくらいの大きさの風船が下腹部にあるのか。

それが特定できたら、その風船を吸い出して小さくして、最終的に身体の外に出してしまうイメージをします。

吸い出せなく感じたら、掃除機のパイプをイメージしてそれを風船に差し込み吸い出してみます。

恐怖症に限らず不必要な感情やパターンにも応用できます。

1度やってダメでも何度も何度もトライすることで、感度が良くなり掴みやすくなるので練習してみる価値はある!