チャクラはプロテクター

チャクラは多くの人が知っていると思いますが、肉眼で見えているわけじゃないので、そういう情報を知っているだけになってしまっていると思います。

チャクラはエネルギーセンターと言われてますが自分にとって悪いものをブロックする役目もあります。

例えば、虐待されたり、罵られたり、いじめにあったり心が萎えることが起きたりしたとき、それに立ち向かえるほどの力がなかったり、またはまだ幼く立ち向かえるような年齢じゃなかったりした場合、チャクラを使って外から襲いかかってくるエネルギーから防御するんです。

チャクラが開いているとか閉じているとかよく言われていますが、恐ろしいエネルギーがやってきて「もう受け入れられない」となった場合、それ以上その人のエネルギーでやられないようにチャクラのバルブ(弁)が閉じちゃうんです。

そうすることによって守りに入ったことになります。

バルブが閉じれば、同じことが繰り返されてもチャクラから取り入れられなくなるので、例えば「こんな人どうでもいい」といった感じで心を繊細にして傷つくのをやめるような、いくらか無感覚にするようなかたちで守り、乗り越えられるようにしているんです。

ですがチャクラを閉じるというのは、解放するのをやめて守りに入るという意味ですから、自由で自分らしい感覚までも閉じてしまうんです。

これは一時的ならいいのですが、長期的になると大変。。。

慢性化すると、今度は塞いでいるのが普通で、自分はそういうものだと思い込んでしまったり、なんだか毎日がどんよりしていてやる気も出ないとか、自信が持てない、勇気がない、人を信頼できない、誰かを好きになることもできないなんてことになってしまうこともあります。

これは自分だけのせいじゃなく、人のエネルギーがチャクラに乗っかっていて発揮させないようになってしまっていることもあるんです。

または人が向けてくる思想がネガティブ、または自分と同調しない場合もチャクラが自動的に閉じて相手のエネルギーをブロックすることがあります。

相手が敵意を持っているのならまだわかりやすいですが、持ってない場合もあります。

例えば以前にこんなことがありました。

あるインド人で、とても気さくで明るい人がいたんです。

話していて楽しいのにも拘わらず、どうも途中から拒絶反応が起こり出して、楽しい人という印象から近寄りたくない人に変わってしまったんです。

特に何か言われたり、嫌なことをされた覚えもないのに。

理由を探ってみようと思い、お腹のあたりのチャクラで「近寄りたくない」と言っている自分のエネルギーがあり、そこにどんな理由があるのかしっかりと入って見てみると、私のチャクラにこの人のエネルギーが付着していました。

なんと、そのインド人と彼の友人が話している映像が出てきて「これはいい。叡智を持つグルジとヒーラーの日本人。これは売れる!」となんらかの形で私たちを金儲けの材料にしようとしてたんです!

さすがインド人だ~!(笑

グルジに話すと、「あーそういうこと以前にも私に言ってきたことがあるな。グルジの話を録音して著作権を取って売りに出すなんて言ってたことがあった」とグルジはその彼がそういうタイプの人だと知っていたそう。

こういったエネルギーに不慣れな私は、そんなエネルギーが向けられたことで無意識的に恐怖を覚えたんでしょうね。「近寄るな!危険人物!」って(笑

反応の原因が予想外なところにあって、こんなのもありか!とちょっと驚きました。

ちなみにその彼のエネルギーを私のチャクラから浄化したら、妙な反応はなくなりどうでも良くなりました。

でもこの程度のことは人生を揺るがすほど大きなことじゃないので、これによってすごく悩んだり大きく性格を歪める原因になるということはないですが、虐待やいじめやパワハラなんかでその相手のエネルギーがあまりに強く自分のチャクラに付着した場合はかなり大変。それがどのチャクラにも付着してるような状態になったらメンタル的に出口がないかのような状態になったり、体調がガタガタになったり。

でも出口を見つけられたら、またチャクラの状態も変わるんです。

こんな過去のことに振り回されずに、こういう心持ちで頑張ろうとか、または相手のことも自分のことも理解ができたとき、詰まりが溶けて自分らしく生きれるようになります。

セッションでチャクラに付着しているものを綺麗にしたことで、特定の相手と突如関係が良くなったという報告もたくさんもらいますが、これはご自身でもできます。

ちょっと練習が必要ですけど、例えば父親と不仲で父親のことを考えると苛立つとします。 

その苛立ちは体のどのあたりで感じるか確認します。

もしかすると下腹部だったり、おへそのあたりだったり、胸だったり、どこかしら感じるはずです。

または人によっては、鏡でみるとあるチャクラがどんよりと暗いエネルギーになっているが見えるかもしれません。

そこに大きな掃除機のパイプをつけて、一気にそこの汚れを吸い取って宇宙に掃き出すイメージをします。

もしそれでダメな場合は、逆にそのパイプから天界の神聖な光を注いで汚れを押し出してみてください。

それでもダメな場合は、その汚れたエネルギーが風船に入っているイメージで爆破してみます。付着しているエネルギーを粉状にして飛ばしてしまうだけで、チャクラは壊れないので大丈夫!

それでもダメな場合は、そのエネルギーが動くまで見続ける。
善悪で一切ジャッジせずにじっと観察するように見続ける。エネルギーって観察されるとその影響によって動くんです。

それでも抜けきれないときは、別のチャクラが閉じていることが原因していることもあるので、この手法のいずれかを使って別のチャクラを綺麗にしてみる。

時間があるときに全部のチャクラを綺麗にしてみると、こんなに気分が良くなるんだぁってびっくりします。

常日頃からご自身でもできるので綺麗にしてみてください。

今まで気を揉んでいたことが、チャクラを綺麗にすることでさらりと紐解ける可能性は十分にあります。