ブッダガヤ内で引っ越し

ここに引っ越してきて2ヶ月でですが、再度引越しをするとは思いもしませんでしたが、大家さんが約束していた網戸をつけてくれないとわかったので、引越しを決意しました。

この家はとても気に入ったというロケーションでもなかったのと、風水的にも門が悪い位置にあり、グルジ曰くお金にいつも困るような作りらしいです。

引越し前から、この家に入ってみてダメそうなら、すぐに新しいところを探そうとは言っていたものの、本当にそうなるとは。

そんな風水だからか、大きな敷地に大きな家を構えていながら、屋上の一間で住み込みで暮らす使用人(夫はドライバー兼、何でも屋、妻は家の掃除と食器洗い)に給料を払っていないほど。

使用人は極貧で服もボロボロ、子供達は3人もいて、ある日うちのドアをノックしてきて「野菜を買うお金がないんです、ジャガイモ貰えませんか」ってやってきたほど。

ジャガイモ、トマト、コリアンダー、ロキ(ウリ)、 ビスケット、 チャパティ粉5キロ、落花生1キロをあげましたが、こんな極貧の家族が夕食の野菜すら買えないほど支払わないなんて。。。。

私たちの溜まった服もダンボール一箱あげました。

特に私の服は彼女とサイズが同じで数回しか着てない新品同様の服がたくさんあり、タグのついている服もあったので大喜びで着ています。

でもこの大家さん、そこまで貧困なわけじゃないんです。

自分たちのお金を使いたくないだけ。
この1ヶ月半の間に3度も旅行に出てますし。
こんな人間性の大家さんのところにいるのもどうかと。。。

地元の友人、マニーシュに相談し新しい家を探すのを手伝ってもらうと、2週間かかりましたが、見つかりました!

奇跡的な家が!

とても閑静な通りで、3階建の豪邸を発見。

門構えからして、ミリオネアは間違いなし。

グルジに「この家はどう?聞いてみない?」と言うと「こういう家は貸し出しするために建ててないんだよ。大家族で住むために建ててあるんだ。」と一蹴。

確かにこんな強烈にどデカイ豪邸建てて貸し出さないだろうと納得。

貸し出したとしてもレントが高くて手が出ないのも容易に想像がつく。。。

そして通り過ぎ、通行人にマニーシュがこの辺で家を貸し出しているところありますか?と聞くと、あそこの豪邸聞いてみたら?空いてるかもよ?と。

これはご縁があるということ???
と車で引き返し、その豪邸の前で車を止めると、使用人が丁度出て来て「家を探してます」というと、大家さんのところまで連れて行ってくれた。

マニーシュが大家さんに私たちがどういう人かを説明すると

大家さんの奥さんは私たちを中に通してくれ
「この家は家族だけで暮らすために建てたんだけど、3階が空いてるんだ。見てみる?」と。(グルジの言った通り。でも貸してもいいらしい!)

外から見てもカーブを描く巨大な美しいバルコニーがあり、こんなバルコニーのある家に住んでみたいと♡と思うほど、バルコニーは美しい。。。。

(中の部屋の作りはそんなに素晴らしいわけではないのですが、スペースはすごい。4部屋あり、どの部屋もキングサイズのベッドが2つ、3つ入るほど広い。)

窓など全体のデザインがちょっと古いのが残念なのですが、それでも十分OKなレベル。

スペースが大きくなればなるほどレントも上がるので、聞いてみてもきっとレントが高すぎてスゴスゴと帰ることになるのはわかりきっていることと私たち側の誰もが思っていた。

そして値段を聞いてみると、奥さんは「息子に聞かなきゃわからない。息子はいくつもビジネスを持っていて忙しいから。。。夜に帰ってくるからその時電話で」と。

そして家の門を出ると、なんと昼間なのに偶然にも息子さんが帰って来た!
(すごいコインシデンス!)

自己紹介した時点で、この人たちなら良さそうと思ったらしく、貸し出すとしたらいくらで貸せるか聞いてみると、なんと、今借りている家賃と同じ!

まさかー!と大はしゃぎしたい気持ちをグッと抑え「そうですか。わかりました。考えてまた連絡させてください」とクールに装って帰宅。

話し合いの末、ここまで静かで大気汚染もなく、マーケットに近く、安全で綺麗な家はないだろうということで決定。

ですが、ここの家も3階は使ってないのもあり、網戸やキッチンの戸棚もない。。。

息子さんに全部屋の網戸とキッチンの換気扇、それとキッチンの戸棚をつけてもらえます?というとあっさり「いいよ。」で終わり。

そうしたら、レントとボンドをすぐに払ったほうがいいですよね?と言うと

「え、でもそんな少しのお金を先に貰っても別にあまり意味がないから、引っ越して来たときに払ってくれたらそれでいいよ」と。

さすがミリオネア!

大家さんはリッチな人だと本当に助かる。

ということで、来週に再度引越しです。
(ブッダガヤ内での引越しはこれで最後になるはず!笑)


ブッダガヤでのその後

久しぶりのブログになりました。

コロナウイルス、凄いことになってしまいましたね。。。

インドもついこの間までは2、3人程度しか感染者がいないような報道でしたが、それも時間の問題で今ではニューデリーや南インドではかなり感染が広がっていて、ニューデリーの学校は暫く休校になっています。

私たちの住むブッダガヤの人々はコロナが広がっている事は誰もが知っていても、大して気にしている人もいないようで、人が集まるお店や薬局でもマスクをしている人が殆どいません。

まだブッダガヤで陽性の人が出たという報道がないからかもしれませんが。

私はオンラインで良質のマスクを購入し、出かける際には必ずグルジにもグルジのお母さんにもマスクをつけさせて外出していますが、目からも感染するような報道があるので、もうそうなったらどうにもなりませんが、あまり人に会わずに気をつける以外ないですね。

オーストラリアでトムハンクス夫妻が感染したのには驚きましたが、どこでどう感染するかわからないので、どうか皆さん感染せずにこの危機を乗り越えられますように。。。



こちらは
グルジのお母さんが来てから、ライフスタイルが一変し初めの2週間はとても大変でした。

グルジのお母さんは足も弱く手首も指先もあまり動かないので、言ってしまえば何も出来ないんです。

まるで、メンタル的にはシャープな子供を養子に迎えた感じ?

グルジのお母さんはとても柔らかく、全くわがままもない楽な方ではあるのですがグルジの妹さんが「うちのお母さんはとてもEASYな人だから。でもご飯はすごく美味しくなきゃだめ!」と言っていた。。。。

その意味が本当にわかったのが2、3日経ってからで、何を作っても美味しくないと言われてしまう始末。。。

そこまで料理が下手な方ではないのですが(むしろ料理は好きな方で。。。)ネパールの料理でギーやオイルをたくさん使い、唐辛子が入っていて、塩気が強く、トマトとスパイスが効いているもの。。。。

そういうのをずっと食べて来ているので、そういうものじゃないと全てまずいに属する。。。

何を作ってもまずい。。。と却下されてしまう。

ここまで料理を拒絶されたことがないので、撃沈もいいとこ。

それでも少しはお母さんが好みそうな方に近づけて作ってはいたものの、やっぱり受け入れてもらえない。(塩や油が足りない。。。)

これには参って、グルジに「お母さんが好きなものを作るとなったら殺意を持たない限り作れないから、グルジが作って。。。」とお願いしたほど。

本当にすごい油と塩を使うので私には出来ない。。。

私の料理はヘルシーで、油と塩が少ないというのが基本なので。

ですが最近は、私の料理にも少し慣れてきて、これからはトマトは使わなくていいとか、油は少しでいいとか、言い始めてます。

ですが油の量を増やす代わりに、ドライガーリックなどを最後に入れてコクのある味にしたら「美味しい!」と初めて言ってくれました。

まぁご飯は徐々に健康を害さないレベルで歩み寄っています。

何よりもまずいと却下され続けてもそこまで気分が落ちなくなった精神力を与えられた事は、何気に有り難く思いますが(笑

初めてお会いした時、グルジのお母さんは、ヨタヨタで1キロ歩くのもやっとみたいな感じでした。

足と肩が痛い。。。
背中がかゆい。。。
顔がかゆい。。。

とあちこち不具合があるようで、ネパールで出会った初日だというのに、「どれ見せて」と服を剥いで背中を見てみると「これじゃダメだ」とあるものを背中につけてあげると

翌朝「すごいよく効く薬をつけてもらった。。。痒みもなく眠れたよ」と。

実は良質のココナツオイル。

背中がガサガサに乾燥していて酷い痒みに何ヶ月も耐えて、娘さんは何をしてあげたらいいのかわからず、”孫の手”を買って与えて自分で掻いてくれと。。。

うちに来てからは、毎日背中にココナツオイルをつけてあげ、膝と肩にはアーユルベーダの痛みに効くオイルをつけ、グルコサミンとカルシウムのタブレットを摂らせると、みるみる元気になり「あんなに痛かった足が50%軽減したし、背中はもう殆ど痒くない!」と大喜び。

3キロくらい歩かなくてはならない日もありましたが、そこまでクタクタにならずに帰ってこれたほど。

親戚中がグルジのお母さんに電話して来て

「インドの暮らしはどうだ?」とよく聞かれてますが

「私はドクターと暮らしているようなもんだ、それはすごくいいよ!身体がとても楽になったし、毎日よくケアしてくれる人だ。それに私だけじゃない、息子(グルジ)にもすごいケアをしているんだ。何かちょっとでも息子が調子が悪くなると、どうにか改善させないと!と必死にケアをしている。こんな人は見たことがない。この人は女神のような人だ。息子はこんなによくしてくれる人がサポートしてくれてるなんて、よほど前世で徳を積んだに違いない」と言ってるらしいです。

家族に身体の具合をよくする知識を持つ人が少ないようなので、余計にそう感じたのでしょう。

ちなみにグルジは家族に私のことを「この人はすごい毒舌だけど、とてもハートは綺麗な人だ」と紹介したらしい。

そんなこと言う?と言ったけど、私はグルジの言い分が腑に落ちないと、たまにはワーワー怒ることもあるのも確か。

ですがこのPanta ファミリーは私の毒舌の100倍上を行くすごさ。

私のレベルなんて、なんてことないベイビーレベル(笑

お母さんだけはやんわりしているのですが、他のメンバーは強烈なんてもんじゃないほど、毒舌の域を超える凄さです(笑

妹さんなんて、グルジがマイルドな人に思えるほど強烈!
こんな強烈な家族がこの世に存在するとは思ってもみなかったほど、私の人生で会ったことのないレベルの凄さです!

さて

2人の暮らしから3人になり、慣れるのにちょっと時間がかかったものの、だいぶスムーズに行くようになりました。

ただ問題はこの家!

ここに引っ越してくる前に大家さんと網戸を付けておいてくれる約束だったのに、「お金がないから付けれない」と付けておいてくれなかった。。。

騙されたぁ。

レントでカバーしてほしいと頼んでも、レントは別の使い道があるから網戸には使えない。いつか大きなお金が入った時につけるよと。

ここはすごい蚊が多いところなので夜に窓が開けれず、その上とても暑くなってきて大変なので、最悪ブッダガヤ内でまた引っ越しも検討中という状況です。

修行 第2ステージ

コロナウイルス、すごいことになっていますね。。。

インドでコロナが感染しているという報道は全く聞かないのですが、ただ検査をしていないからという説があるものの、本当にそういった症状で死者が出ていないのも確かなようです。

インドはコロナよりも前から移民に市民権を出さないという改正法で、今でも暴動がやまずコロナよりも死者が出ているような状況です。

この改正法を発表してから、2ヶ月半女性たちは永遠と家に帰らず外に座り込むというデモで応戦していますが、事は徐々に悪化しここ数日は発砲と放火で40人もの死者が出ていると報道がありました。。。

私たちの住むブッダガヤは小さな村のようなものですので、暴動などは一切ないのは救いです。

ただこの地は観光客で生計を立てているような地ですので、いろいろな人種が入って来ます。いつコロナが入って来てもおかしくないのでかなり警戒してマスクをして出歩くようにしています。

日本も次々と感染の報道が出ていますが、怖いですね。。。

マスクや手洗いくらいしか、防ぎようもないのでしょうが、どうかお気をつけください。

インドは日本人へのビザの発給を止め、入国を拒否しましたので暫くは日本にも帰れなそうです。

早く終息することを祈るばかりです。


さて、

人生には思いがけない事が起きたりしますが、私の人生にもそんな転機がやって来ました。

ブッダガヤに引っ越してきて1ヶ月が経ちましたが、まだ落ち着いていない状況です。

グルジのお母さんを見れる状況の人がいなくなり、なんとNYに住む妹さんから「お母さんを暫く見てほしい」と。

84歳になるお母さんはNYとネパールを行ったり来たりしてたものの、NYでは言語も通じずやっぱりネパールの方が心地よい。。。となりネパールに帰ってきたものの一人で暮らすには年齢的に限界で妹さんから暫く見れないかとの連絡。

そんな話がくるとは思わず驚きましたが、それも修行の一つと捉え快く受け入れました。

グルジを育てた母親ですし、私たち以外他に面倒を見れる人がいないという状況は、天界がお母さんをみてあげないさいと言っているのだと思っています。

妹さんはいずれNYからネパールに帰る予定で、半年から2年くらいの期間限定でみてほしいとのことです。

NYから帰省していた妹さんと一緒にネパールからインドまで空路で来てくれたら良かったのですがブッダガヤまでは乗り換えが必要で、スムーズにいかず2日がかりになってしまう。。。

ならバスか電車でとなったものの、陸路でインドに来たことがないので強盗とレイプが多いインドに陸路で来るのは怖いから迎えに来てほしいと。

陸路で直行バスで行っても20時間はかかるから、自分たちで来てくれー!と言いたかったのですが、インドに陸路で来たことのない人はやっぱり怖いのは確か。

その気持ちは十分わかるので、長距離バスでぎっくり腰になる恐怖を抱えながらもバスで迎えに行きました。

そしてインドにトンボ帰り。

直行バスは使わず、妹さんとお母さんを引き連れバスを二度乗り換え、その後寝台列車でブッダガヤまできました。
(陸路のイミグレでも医療機関の人がやってきて、熱があるか中国に入ったかなどチェックされます)

25時間後、朝の3時にブッダガヤに到着。

84歳のおぼつかない足取りのお母さんがよく25時間の陸路に耐えられたなぁと驚きました。

お母さんに比べたら半分の年齢の私たちですらボロボロになるほど疲れてグルジはまた咳が悪化してしまったのに、このお母さんは全然平気だった。。。(笑

疲労で風邪ひいたらどうしようと心配していましたが、杞憂に終わり自分のペースでのんびりやってます。

そんなわけで、引っ越してきてまた電気の配線のコネクションからのセットアップに続き、突然お母さんが来るとなったのでベッドを買いに行ったりあれこれと買い出しに追われ本当にブログを書く時間がないほど大忙しでした。


生活のリズムが突然お母さんが中心となり、グルジと私だけのリズムとは全く代わりました。
こういった新たな修行がやってくるとは夢にも思わなかったのですが、子供も持たない人生ですからこのくらいは貢献しないと。

グルジも慣れないペースに戸惑いが時々あるものの、最後に自分の母親を面倒みたいとどこか心の底でいつも思っていたのは感じ取っていました。

なのでグルジは魂のレベルでお母さんと一緒に過ごせていることをとても喜んでいます。

グルジのお母さんの人生のすごいエピソードも聞きました。
さすがグルジのお母さんだ!というくらい驚異的なお方です。

その辺のエピソードはまた次回!




ブッダガヤに引っ越してきました

今回の引越しはきつかった。。。

90%の物は全て自分でダンボールに詰めてパッキングしておき、引越しセンターには、「あと家具しかラップするものないから、すぐ終わると思う」なんて言ったものの、デスクや椅子やダイニングテーブルなど、必要最低限の物しかないのに全てパッキングするのに7時間もかかってしまった。。。それでもかなりサクサクと手際よくやってくれてたのですが、こんなに時間がかかるとは。

夜行バスは9時出発。

終わったのは1時間前でまさか昼から来てもらってこんなに時間がかかるとは。。。

1日中立っていたので、グルジも私も腰に負担が来てクタクタ。

私はぎっくり腰寸前だし。

バスの道中は道が悪くて、揺られまくりで寝付けず

その上すでに外は寒いのにエアコンガンガンに効かせて寒いから止めてくれと言ったら、今度は猛烈に熱い暖房に切り替わり35度くらいになり汗びっしょりで、暑くて寝れないから止めてくれと頼んだり。。。

やっぱりここはインドです。

結局全然眠れずに朝4時半にブッダガヤに到着。

このバスでとても良かったのが、家のすぐそばで下車できたこと。

それだけは救いだった。

下車したところでたくさんのリキシャがもう群がって来て、客引きバトル。

1キロ程度で歩ける距離ではあるものの、スーツケースがあるのでリキシャで家まで。

5時前に到着したにも関わらず、大家さんのお父さんはとても親切で、引越しセンターが到着するまで居間で横になってなさい。とお茶を出してもらいゆっくりさせてもらえました。

が、そんなにゆっくりする間も無く、6時には引越しセンターのトラックも無事到着。

このワーカーたちも大変。

ランチーで1日中パッキングして、その足で全員トラックに乗り込み8時間ドライブで到着し、荷物を全て上まで運び、天井のファンも取り付け、昼過ぎにやっと終わりました。

インドでは、働き手が家に来ているときはご飯を食べさせてあげるのが普通なのですが、引越しとなると、こちらもキッチンがないので、お昼ご飯代を渡して食べてきてもらいます。

通常ランチーでパッキングした人たちはパッキングだけでトラックには乗り込まず、ブッダガヤの現地の引越しセンターの人たちが荷を下ろしにくるのですが、引越しセンターのボスが「このお客さんたちは大切に扱った方がいい。お前たちが積めば、どれが壊れやすいものか把握しているし下ろすときも、どれを気をつけなければならないかわかる、だからお前たちもトラックに乗り込んで最後までやってこい。トラックはその後パトナの荷物を積まなくてはならないから、お前たちはバスで帰ってこい。」と言われたのだそう。

こんな大変な仕事あるんだ。。。と思ったけど、特別にトラックに乗り込み25時間ワークしてくれたらしい。

そんなわけで、何一つ壊れることなく(保険もかけたけど)紛失もなく、最後はお腹を満たせてあげて、本当に大変だったので感謝の気持ちでチップを渡して無事引越し完了です。

大変なのはここから。

この家はとにかく戸棚とか収納がない。。。

キッチンも下の戸棚を付けてもらっただけで、ベンチの上に戸棚はない。。。

これはインドでは全然普通で9割ないんです。

ランチーの家は収納が100%できていて今まで借りた家の中で最高に使いやすくて良い家でしたが、また収納が出来ない家に来たので、物が溢れたまましまうところがなくて片付かない状態。

明日は自分たちでキッチンの簡易棚を家具屋で作ってもらいに行きます。

落ち着くにはまだあと1週間はかかりそうですが、あとちょっとです。

今日は洗った食器を置く、ディッシュラックを購入しに町に出ましたが、通り沿いにある仏教寺院も参拝して帰って来ました。

無事引越しが出来た御礼の参拝も込めて。

中国の仏教寺院

ダージリンの仏教寺院

ここ、ブッダガヤは新しい寺院が次々建設されているようで、まだ参拝していないところもありますので、落ち着いたらゆっくりまわりたいと思います。

ジャールカンドの州長に会う


あと数日でブッダガヤに引越しです。

最後のランチーのひととき。

これからパッキングでバタバタする前に。。。

ここランチー市はジャールカンド州の首都になるのですが、このジャールカンド州に新しい州長が就任しました。

就任したソレン氏は、なんとジャングルの部族出身!

つまりインドの4つのカースト外の人なんです。

聞く話によると部族が州長になったのは初めてということです。

ジャングルの部族というと、腰巻に槍とか持ってそうですが、外観はあまり変わりなく普通の人です。

今年の初詣でたまたま滝があることに気づき、タクシーで寄った時の道中、部族の村がありました。
彼らの家は独特で、土壁でドアが150cmくらいと小さく、くぐって入る感じでこの人たちは通常森の中で暮らしているので街中で働いてはないんだそう。

車がある家も見た限りはありませんでした。(スクーターは2、3軒あった)

部族の人たちは街で暮らす人たちに薪を路上で売ったり、ジャングルの木の実を集めて売ったり。

とはいえ、ソレン氏はそれなりに勉強されたのでしょう。

ソレン氏が就任してから、就任祝いにあらゆるところから人々が花束を持って来るそうで、ついにTwitterに「就任祝いに花束を持って来てくれるのはとても嬉しいけれど、ずっと保存できるものでもないし、私に必要なものは知識であり本です。なので、就任祝いはお花ではなく本をください」と。

グルジがこのメッセージを読んで「これを見てくれ!こんなことが書かれている!」というので、

私は興奮して「すごい!こんな州長インドにもいるんだ?!グルジの本を持ってプレゼントしに行こう!」と提案。

ですが現実には大変忙しいだろうから、州長に会えるかどうかは定かではないのですが。

前話にも出て来たデリーに住むアルビンドとダダジが、一緒に州長に会えるように手配してみようと。

実際に行ってみると、数百人のすごい人。。。
ディズニーランドのアトラクション並みの行列。

こんな人数をまともに待ったら4時間待ちであろうとは容易に想像がつくほど。

ですがここでアルビンドが一役買って、お役人さんに「ネパールの著者と日本人が本を贈呈に来ているんです」と色々話すと、30分程度で大行列を一気にカットし特別ゲストとしてサクッと入れてもらえました。

全く物怖じしないトークが出来るアルビンドは、人を説得させるのがとても上手くこんな時にアルビンドがいると物事がとてもスムーズに行くので有難い。

州長と話せるのは一人(または1組)なんと1分なんです!

そうじゃないとあの大行列はこなせない。。。。

そして部屋に通され、州長に挨拶をし、グルジは「花束の代わりに本が欲しいとツイートされていたので、私の書いた本を贈呈に来ました。本の内容は宇宙学、経済、社会心理学などでこれからのインドはどうあるべきかなど今のインドの問題も書かれています。ジャールカンド州は、とても緑豊かなところ。ここは一歩間違えると緑をどんどん破壊して工業化してしまう。。。」とあらゆる角度からジャールカンドの問題点なども話した。

(グルジがジャールカンド州の問題点をよく把握していることにも驚いた。。。)

その上「ソレンさん、頼むから道を間違えないでくださいよ!もしあなたが方向性を間違えているなと思ったら、言いにきますからね!」とまぁすごい上から目線もいいとこ!

グルジもよくそこまで言えるよなぁと思うけど、この人哲学者とも言えるから、政治家はすぐに道を間違えるのをよく知っているので、そういったことを正すためにも執筆しているのであって、強気もいいとこ。
(日本人的な感覚ではちょっとあり得ない!と思ってしまうのですが)


でもソレンさんはとても感動していた。。。。


州長は問題点について色々と同意し、しかも他の政治家は(名前をあげてた)ウランを売るためにジャールカンドの自然を破壊しようと企んでいることがあるなど、シークレットな情報まで話していた!「あなたとはゆっくり話をしたい。こんな忙しいときに来てもらったので、改めて時間を作る必要がある。」と言い

テーブルに置いてあるブザーを押すと(ファミレスにあるウエイトレスを呼ぶボタン式のものをインドで初めて見た!)

5秒以内に颯爽と二人の男性が部屋に入って来た。

そして州長は「彼らはオックスフォード出なんだ。君たち、哲学の本だ。この4冊を全て読んで、あとで要点をまとめ私に説明してくれ」と。

そうか、州長ともなると大忙しなのでこんな難しい本は読まずとも、下に高学歴の頭のいい人がいればいいのか!と驚きと納得。

でも州長は一瞬、ちょっと待てよ。こんないい話はもしかすると。。。と思ったらしく

「あれ?もしかして、あなた何かしらの支援が必要とかそういうこと。。。?」とグルジに聞いてきた。これからもっと本を出版するのにお金を出して欲しいとか、そういうお願いにきたのだろうと一瞬思ったらしい。
(実際にはお金を支援してくれという話が山ほど来るのだそう)

グルジは「私はあなたからお金を支援してもらいたいとか、何かを貰いたいとは1%も思ってない。1ルピーもあなたから必要はない。私はジャールカンドにも住ませてもらったし、自分の持つ知識を提供したいだけだ。それがこの世の貢献になるならば」というと

「そういう人は滅多にないので、ちょっと驚いてしまって。。。」とソレンさん。

トークができるのは一人(1組)1分なのですが、話がはずみあっという間に15分くらい経過していました。

そして州長は2月に入れば落ち着くから、もう一度話がしたいと言っていましたが、私たちはブッダガヤに行くことを伝えると、ブッダガヤに行っても会うことは出来ると返されました。

翌日タクシーに乗ると、運転手が「あの、あなた昨日州長のソレン氏に会いに行きました?」と突然聞かれ、「なんで知っているんだ?」というと、ソレン氏のツイッターにあなたたちの写真が上がっていますよ。すぐにわかりました。と。。。

タイトルは「教育者TP PANTAと日本人のゆきえが彼の著書を贈呈に会いにきた」と(笑

グルジ、州長に相当気に入られた様子。


ツイッターの写真はこれではなく、グルジ、私、ダダジが座っているものですが、部屋の中にはカメラマンがいて、パシャパシャと撮っていて、アルビンドが「撮った写真を全部ください」とカメラマンにお願いして、貰った写真の中の1枚。

ちなみに私はオマケです。
日本人にサポートされているというだけでグルジは格が上がるじゃないですか(笑)
インドやネパールでは先進国の人が行者をサポートしているというのは、それなりの知識がないと絶対にサポートされないのはわかっているので、私がいるだけで「この人はただの行者ではない」と思われるところもあります。

それもあり私は隣にちょこんといるだけですが、どんな風にやりとりが進むのかを見れたのはとても嬉しかった。

ジャールカンド州のランチも最後となりますが、最後の記念日のようになりました。

グルジの叡智が何かしらこの世に貢献されることを祈るばかり。

26日に寝台バスでブッダガヤに引越しです。

パラサイト クレンズ準備中

ジメジメの毎日から、ほんの2日間ほど雨も一休みで日差しが出ています。

普段は明け方に寝て、昼に起きるという生活ですがこの時ばかりは早寝早起き!

このお天気を逃すとまた数週間雨になるので、あれこれと忙しく干してます。

さて、今 老子を読んでますがなんとも美しい内容にうっとり。

中国語で書かれたものをうまく翻訳されてますが、一節ずつになっているので詩のような感じで読めて、じっくりと内容を吟味しています。

一節ごとにふか~い内容が込められているので、サクサクと読み進めず味わいながらゆっくり進めてます。

ずっと読書や瞑想だと集中力が欠けるので、合間にハーブの勉強や料理の勉強も取り入れてます。(ま、料理はただの趣味だけど)

アメリカには液体のハーブの薬が手頃な値段で売られているのが何よりも羨ましい。。。

インドのアマゾンでもアメリカから輸入したものが売られてますが、何せアメリカの商品には300~500%のタックスがかかるんです。

いくらなんでもやりすぎでしょう。。。

トランプ氏が「インドの商品にはタックスをかけないでこっちで売ってるのに、アメリカの商品には300~500%ものタックスをかけてるなんて!」ってツイッターに書いていたらしいです。

だから10ドル程度の商品はインドでは4000円~5000円が相場。

4000円で手に入るなら、安いくらい。。。6000円くらいも普通ですから。

しかもその液体ハーブ30mlで1週間分みたいで。。。

話の本題ですが、

2年前にインド内を巡礼したときに、何度か恐ろしい食中毒をくらったのですが、なんかあれから若干おかしい感じが。。。

がっつりデトックスしたいなぁと思っていたのですが、デトックスするにはやっぱり解毒ハーブが必須アイテムになるのですが、インドにはなかなか良質なものがない。

そこでついにアメリカ産の”アルコールフリー”の液体ハーブを発見!

つい最近インドに入ってきました。

液体ハーブが錠剤よりずっと効くのはわかっているのですが、何せ私アルコール全くダメで、液体ハーブに使われているアルコールは強すぎて数滴でも全身真っ赤で心拍数が上がりすぎてしまうという状態。。。

なのでこのnature’s answer というブランドが出しているアルコールフリーが出てくれて高いけれど飛びつきました!

ちなみに購入したのは、デトックスだけではなくパラサイトを殺すblack walnut がメインのハーブ薬。

オーストラリアにいたときも、結構みんな普通に体内にパラサイトがいてびっくり。

オーストラリアでもあんなだから、インドにいたらもっとだろうなぁと思いお腹の中からキレイにしてみようと思います。

どんなに衛生的に食べていても「まさか私が?」みたいにパラサイトは入ってくるらしいですから。私なんてこの汚ったないインドで食べてますからねぇ。100%いると信じてます(笑

ハーブやデトックスグッズが届くのが水曜なので、すぐにでも始められるよう準備万端!

ちなみに1週間食事は限定して、野菜スープとフルーツだけにします。







続 読書 

ついにランチーはどっぷりとモンスーンに入りました。

もう連日雨で洗濯物も乾かないし、道路は側溝の水が溢れかえりチャプチャプ。(すっごい汚いです。。。インドですから。)

でも久しぶりに暑さから逃れてはぁ。。。と一息。

さて、また読書についてになりますが

武士道を読みました。

これは日本人みんなが読んだらいいと思うほど、日本人の気質はここからきているのか!というルーツが理解できる本。

これを読んで、日本人で良かったと真剣に思った。

死ぬ前にこの本を手にとって良かったと思えるほど日本のサムライ魂に感動。

これを初めに英語で出版した新渡戸稲造さんって五千円札の人だってこの本を読んでから知りました(笑

世界中に翻訳されるほどの本になったのだから、紙幣の肖像になるほどの偉業をなしたというのも納得。

これからの子供たちにも読ませたらいい本。

失いかけているものを、完全に失ってしまう前に読み継がれたい本です。



そしてウィトゲンシュタインの論理哲学論考を読んでみた。

もっとわかる哲学かと思ったら、全て箇条書き形式になっている定義のようなもの。

しかも何についての論考かって「命題」。

こんな本が存在するなんてびっくりした。

大体、命題について論考ということ自体考えてみたことがないし、読み始めて何について書かれているのかがそもそもわからない!(笑

命題 と辞書で調べると、

「判断を言語的に表現したもの。論理学では真偽を問いうる有意味な文をさす。また,その文が表現する意味内容をさす場合もある。〔英語 proposition の訳語として西周(にしあまね)が考案。」

とある。

なるほど!論理学の言葉なのかと納得。

そもそも命題論理学というものを勉強してない人には、何について書かれているのか全くわかりません!記号びっしりで演算が入るし。

論考というのは、どこまで考えられるかということと書かれていたけど、これはすごい。。。ここまで何について書かれているのかさえわからないまま読み終えた本はこれまでなかった。。。というある意味別の感動に至った(笑

そして最後に17ページ訳者解説があるのですが、すごくわかりやすく書かれていて、これで「あーーーーー!そういうことを書いてたんだ!」と腑に落ちた瞬間、ちと、もう一回あとで読んでみよっと。って思いになった。

ウィトゲンシュタインは、一番最後にこんなことを綴っている。

「私を理解する人は、私の命題を通り抜け、その上に立ち、それを乗り越え、最後にそれがナンセンスであると気づく。そのようにして私の諸命題は解明を行なう。(いわば、梯子を登りきった者は梯子を投げ棄てねばならない。)
私の諸命題を葬りさること。その時世界を正しく見るだろう。
語り得ぬものについては、沈黙せねばならない」

で締めくくられている。

悟ってるよ、この人!

グルジはいつも、自分が好きなことや得意なことがあるなら、それ一つを追求することで、それが何であれ悟りに至る。と言っているけど、命題論理学で人生を悟りまで解明していくって凄すぎる。

この本の内容からは何もこれを得たということがなかったのだけど、(一般庶民にとって人生に役立つ情報筋じゃない。。。)でもこの本でどれだけ脳が硬くなっているか気付かされた。

これはこう。と決めつけている、または信じている、こうであるべき、という自分の常識や自分の信念がもしかすると間違っているかもしれないし、古いのかもしれない、またはこうあれるとしたら、このように頭の中で思い込んでいることに対して言語の状態や組み合わせから入れてかえてみたら、あらゆる可能性や全く有り得なかった視野や想像もできなかった現実が見えてくるだろう。

そんなことを考えさせられた本だった。

やっぱりわからなくても読んでみて正解だった。

さて、次は国家の品格を読み始めてます。

これはまたまた武士道にも繋がりそう。

まだまだ積まれてますが、本のトピックはこの辺にしておきます。








読書

以前にまとめ買いした本が積ん読状態でした。。。

が、瞑想を繰り返し頭もスッキリしてきたので、読書開始!

ここ最近読んだのがアナンダマイマーの本。

この手の本は多分80冊くらいは読んだので、これまでに読んだ行者たちの本とかぶるところがあり、内容に新鮮さは感じられなかったのですが、

でもさすがインド中に彼女のアシュラムが出来たほど、そしてパラマハンサ ヨガナンダが会いに行ったほどですから、やはりすごい聖者であるのは確かです。

そして次はソクラテスの弁明。

すっごい難しい本なんだろうなぁと思ってたら、子供でもわかるような内容にびっくり。
ただイエスキリストが生まれる何百年も前からこんな人がいたんだ。。。と驚くと同時に読んでいくうちに、「これは!」と思うことを発見。

グルジの性格がソクラテスにそっくりで思わず「ソクラテスの生まれ変わりじゃないの!?そっくりだよ!」と言ってしまったほど。

大して至らない人間なのに自分はすごいと自惚れていたり、勘違いしていたりする人に、それがどれだけお偉いさんで金持ちであったとしてもバサッと言い放つ。。。

この性格がソクラテスにそっくり。

それが気にくわない人(たち)がソクラテスを死刑にした。そしてどう死を受け入れるのかというところも悟っている。
やっぱりいつの時代にも悟っている人間というのがいるんだと驚いた。

素晴らしい一冊だった。

ちなみに、ある大金持ちの人がグルジを家に招待した時の話。

まずは「見てくれ、これが私の車だ」とベンツをご披露。
グルジは「へぇ。これを考え出したりデザインしたり、作り上げた人は凄いですね」と言うと、この彼は「え?」となぜベンツを持つ自分を凄いと褒め讃えられないのか良くわからない様子。

そして「見てくれ、立派な家だろう!」と今度は家の自慢。

「こういった建材を作り出した人やデザインした人は凄いですねぇ。」と言うと気分を害して「もういい、帰ってくれ」と玄関先で帰されたって言ってました!
素晴らしい!!!(笑

そして次に手にしたのが、カールマルクス。
ソクラテスの本がこんなに簡単に読める本だと知らず、マルクスだって普通に読めるだろうとナメてかかったら完全にやられました。ここまで難しい本だと思わず、脳みそギューギューに絞られた感じ。。。

それでも時々へぇとかほぉとか言うところがほんの数行あっただけでも救われた。
スティーブン ホーキングの本に匹敵する難しさだった。

そしてハイデガー。
出だしで楽勝じゃんとか思ったら、中盤からうわ、まじか。。。と言うくらい脳みそこねくり回され、最後に巨大な感動に到達。
やっぱ悟っている人は到達すべきところが同じであった。

どの聖者も哲学者も悟っている人たちは、書き方や到達するまでの道が違うだけで、到達するところは確実に同じである。

とても新鮮で素晴らしい本だった。

そして今読んでいる本が武士道で、次に読むものはウィトゲンシュタイン。

そしてまだまだ積まれている本たち。。。。

書物を読むにあたって思うこと。

難しくても読んでみる。とりあえず最後まで読んでみる。

毎回毎回絶対にわかるレベルの本だけだと、脳が活性化しなく感じるし
難しい本を読んだ後に楽な本を読むとまるで童話のように簡単に感じる。

難しい本にぶち当たるのは素晴らしい。

読んでいる類がしっちゃかめっちゃかな選択ですが
でもこれがいいんですよ。(私には)

いろんな角度から脳に刺激や電気ショックを与えるようなものですから。

そしてこれらの本の要素から、瞑想する題材もしっかり出てくるんです。

それに絶対ハッとする気づきや新たな理解を与えられる。


本を全然読まない人って、見ているとメンタル的に大体いつも同じところにいますね。
前進がかなり少ないか、または全くないか。

でも何か心が満たされないから、つまらなくても、何も身にならなくても適当な人たちと時間を潰す。

そんな時間があるなら霊的に成長につながる内観や内観を促進する助けになる本と時間を過ごした方が人生においてはずっと価値があるでしょう。



最近の食事

インドは日中はだいぶ暖かくなりました。

最低気温も10度、最高気温も23度とかなりポカポカ陽気です。

日差しは春とは思えないほど強く、しばらくに陽に当たっていると真っ黒になります(笑

今月は暫くブログは投稿してなかったのですが、自分の中の思考パターンなどをトコトン観察していました。

どうしてもマインドというものは、問題が外にあるとか外を変えることで解決になると思ってしまうところがありますが、「そんなトリックにハマらない!」と必死に内観し、何をどう自分の内側から変えられるのか、時間をかけて見ていました。

やっぱり全ての問題は心の在り方や反応の仕方一つで人生が丸ごと変わってしまう。

ときどきヒーリングなんてやっていても、いきなり真理に到達するわけじゃないし本当のところ意味がないんじゃないか。。。なんて思ったこともあるのですが、いやいややっぱりテクニカル的なものがあると壁を突破するのが劇的に早まるのは間違いない!と自分でやってみて本当に実感(笑

時には問題が明らかにわかっているし、それが自分の心の持ち方が悪いのもわかっている。だから誰もせめていることもないのだけど、脱出できない。。。なんてこともあります。

そんな時にそのたった一つが頭を占領して苦しめているのだけど、それが浄化されて突如楽になったときは本当にどれだけ肩の荷が降りることか。。。

って今回自分でヒーリングやってて本当によかった。。。なんて思ってしまいました。

もちろんヒーリングのテクニックなんてなくたって人生はきちんと歩めるものです。

捉え方の基盤さえきちんとして、それに沿って生きられるならみんなブッダですから。

ただ私はその基盤をきちんと一歩一歩と受け入れて行くためにも、浄化すると受け入れのスペースができるようになるので、前進が早まるという実感をしています。

元々は常に自分のために勉強していて、こんなに苦しい状況だってこんなにも早く一つずつ解決して、心が楽になれるんだという感動を分かち合いたいという思いでヒーリングをしてきましたが、ときどき感動のフィードバックを貰えるのは本当に嬉しいものです。

数日前もデリーに住むラデくんがうちに登場しましたが、「ヒーリングを受けてから夫婦仲が劇的に改善できたし、自分自身変えたいと思っていても変えれなかったことが素直に変えれるようになっていて本当にこんなに効果があるんだって驚いた」と聞いたときは一歩でも前進に繋がってよかったと本当に嬉しかったです。

 

さて、ところでみなさん食事は気をつけてますでしょうか?

そういえば、いつだったか「リトルミレット(粟)を米の代わりに2週間食べてみて身体にどう影響するか見てみよう」とやってみたんです。

正直言うと、そんなに美味しいものでもなく初めの4、5日は「う~ん。まずくはないけどけど、2週間でやめそうだな。。。」と思っていました。

が1週間を超えると、どういうわけか味に慣れてしまい普通にお米を食べているかのような感覚になってしかも玄米より消化は楽だし、こっちの方が全然いいじゃん?!となり、もう3ヶ月くらい経つかな?今でも夕食の多くはリトルミレットです。

朝食はというと、ここ最近は”ベジバーガー”。

私たちの朝食パターンは、大体の気候によって変えてます。

寒い時はスープやさつまいもを練りこんだ全粒粉のチャパティ、暑い時期はヨーグルトサラダとチャパティなど身体を冷やせるものを摂ってます。

インドでは「ライタ」と言って、ヨーグルトにキュウリや他の野菜などを和えて塩で味付けする1品が多く添えられます。

アーユルベーダの食べ方です。

(ヨーグルトは塩と野菜で食べると消化剤になり、暑い時期は身体を冷やしてくれます。冬にこれを食べると咳が出やすくなったり風邪をひきやすくなるのでご注意。ヨーグルトは砂糖で食べるとおやつになり消火剤の働きは得れません)

今はまだ朝晩は少し寒いので、サツマイモを多く摂るようにしていて、スープにしたり、パン生地に練りこんだりもしてます。

ここ最近はオーツとサツマイモをたっぷりと練りこんだパンを焼いていてこれが朝食のベジバーガーになるベース。

ほんのり甘くて最近の一番お気に入りです。

ちなみに私はパンがあれば生きていけるくらいパン好きで、やっぱり自分で作ったパンが一番美味しいので、こだわって作ってます。

ベジバーガーの中身は、生ひよこ豆からオーブンで焼くファラフェルを作ったり、または茹でひよこ豆を潰して色々混ぜ込んでサラダ風にしたりと。

その上にスチームキャベツサラダに、カシューナッツマヨネーズをたっぷりあえる。(レタスがあればいいけど、インドはレタスは売ってないので)

カシューナッツマヨネーズは卵なし、オイルなし!

ベジタリアンの方にはオススメ。

材料書いておいきます。

カシューナッツ(水に15分くらい浸けておく)
レモン汁

にんにく
黒塩(なければ普通の塩)

をブレンダーでスムーズなマヨネーズのかたさになるまで攪拌。

めちゃくちゃ美味しいです。

グラムとかは全て感覚で作るので適当なので、初めから水を入れ過ぎずに足していってください。

パンですらグラムを計って作ったことがないほど、計らない人なので。。。(笑

てきとーでも感触でわかるんです。

こんなベジバーガーを朝食に作ってみたら、グルジは

「暫く飽きるまで毎日これでいこう!」とかなり気に入ったようです。

人に祈りを捧げる

久しぶりに鼻風邪引いてしまいましたぁ。。。

咳もなくただ本当に鼻だけなのですが、どうもアムリトサルから帰ってきてからなので酷い大気汚染にちょっとやられた感じ?

ニューイヤーだったのでみんな初詣で道路は大渋滞しまくり。
汚染レベルは想像以上にすごかったです。

グルジは喘息にならなかったのが救いですが、やはり大気汚染の酷いところに数日いると、気管がブロックされてくるらしくスッキリするまで2週間くらいかかるみたいですが、ようやく調子を取り戻してきたところです。

 

アムリトサルから帰ってきてからちょっと身体が重く、もしかするとこの重さはグルジのオーラがお疲れになっているからじゃないか?と思い、遠隔で隣の部屋からグルジのオーラを浄化してみると、私がすごいスッキリした!?

やっぱりグルジのエネルギーを無意識的に吸っていたと確信!

「グルジのオーラ浄化したら、私の気分がすごいスッキリした!やっぱりグルジエネルギー吸い込みすぎてた証拠だわ!」とグルジに言ったら

「またそんなこと言っているよ!」と絶対信じないんですけど(笑

でもグルジはその後、気管が開いてきた!とスッキリしてきたご様子。

これは「サイキックスポンジ」と言って、無意識的に人のエネルギーを吸い込んでしまう現象なんです。

人の気分に敏感だったり、パーティーやデパート、マーケット、人ごみに入るとすっごい疲れるという人は他人の抱えている重たいものを無意識にうちに吸い込んでしまい、「早く帰りたい。。。疲れた。。。」となってしまうサイキックスポンジの可能性が大です。

このように人混みで疲れやすい人は、人ごみに入る前に自分のオーラをイメージで出来るだけ小さくします。そしてオーラの一番端にクリスタルやミラーでもいいですし、外のエネルギーが自分のオーラに入ってこないようにバリアを張ります。

出かける前にこれをやっておくと、疲れにくくなります。

 

 

さて、話は変わって、最近は祈りの時間を多めに作っています。

まだ朝晩は冷えるので、午前は屋上に出て陽に当たりながら身体を温め祈りの時間にしています。

 

今、病で苦しんでいる人が健康を取り戻せますように。

今、不幸のどん底にいる人が、幸せになりますように。

今、お金に困っている人がお金が手に入りますように。

今、愛を感じられない人が、愛すること、愛されることを経験できますように。

 

もし敵対する人がいるなら特にその人に向けて祈ってあげてください。

大嫌いだからこそ、こいつに幸せになって欲しくない!って思ってしまうこともあるでしょうが、嫌ったり怒り続けてイガイガして苦しいのは結局自分です。

そんな思いがない自分が想像できてないし、感じることが出来てないんです。
だから恨み続けるのが適切かのように思い込んでしまう。

許せるだけの自己愛のパワーがまだ持ち切れてないだけとも言えます。

でもやってみてください。

嫌いな相手の幸福を祈ることを。

何かしら相手からの変化、自分の心の変化が良い形で現れるはずです。

 

そういう相手がいない場合でも、他人の幸福を祈ってみてください。

その祈りのパワーは必要なところに行き使われます。

そしていずれ自分が必要なときにも人のために祈ったエネルギーは返ってきます。

心から他人の幸福を祈ると物事がスムーズに行ったり不思議なほど良いことが起きたりします。

心が無償の愛を感じていることは素晴らしい感覚。

是非やってみてください。