最近の食事

インドは日中はだいぶ暖かくなりました。

最低気温も10度、最高気温も23度とかなりポカポカ陽気です。

日差しは春とは思えないほど強く、しばらくに陽に当たっていると真っ黒になります(笑

今月は暫くブログは投稿してなかったのですが、自分の中の思考パターンなどをトコトン観察していました。

どうしてもマインドというものは、問題が外にあるとか外を変えることで解決になると思ってしまうところがありますが、「そんなトリックにハマらない!」と必死に内観し、何をどう自分の内側から変えられるのか、時間をかけて見ていました。

やっぱり全ての問題は心の在り方や反応の仕方一つで人生が丸ごと変わってしまう。

ときどきヒーリングなんてやっていても、いきなり真理に到達するわけじゃないし本当のところ意味がないんじゃないか。。。なんて思ったこともあるのですが、いやいややっぱりテクニカル的なものがあると壁を突破するのが劇的に早まるのは間違いない!と自分でやってみて本当に実感(笑

時には問題が明らかにわかっているし、それが自分の心の持ち方が悪いのもわかっている。だから誰もせめていることもないのだけど、脱出できない。。。なんてこともあります。

そんな時にそのたった一つが頭を占領して苦しめているのだけど、それが浄化されて突如楽になったときは本当にどれだけ肩の荷が降りることか。。。

って今回自分でヒーリングやってて本当によかった。。。なんて思ってしまいました。

もちろんヒーリングのテクニックなんてなくたって人生はきちんと歩めるものです。

捉え方の基盤さえきちんとして、それに沿って生きられるならみんなブッダですから。

ただ私はその基盤をきちんと一歩一歩と受け入れて行くためにも、浄化すると受け入れのスペースができるようになるので、前進が早まるという実感をしています。

元々は常に自分のために勉強していて、こんなに苦しい状況だってこんなにも早く一つずつ解決して、心が楽になれるんだという感動を分かち合いたいという思いでヒーリングをしてきましたが、ときどき感動のフィードバックを貰えるのは本当に嬉しいものです。

数日前もデリーに住むラデくんがうちに登場しましたが、「ヒーリングを受けてから夫婦仲が劇的に改善できたし、自分自身変えたいと思っていても変えれなかったことが素直に変えれるようになっていて本当にこんなに効果があるんだって驚いた」と聞いたときは一歩でも前進に繋がってよかったと本当に嬉しかったです。

 

さて、ところでみなさん食事は気をつけてますでしょうか?

そういえば、いつだったか「リトルミレット(粟)を米の代わりに2週間食べてみて身体にどう影響するか見てみよう」とやってみたんです。

正直言うと、そんなに美味しいものでもなく初めの4、5日は「う~ん。まずくはないけどけど、2週間でやめそうだな。。。」と思っていました。

が1週間を超えると、どういうわけか味に慣れてしまい普通にお米を食べているかのような感覚になってしかも玄米より消化は楽だし、こっちの方が全然いいじゃん?!となり、もう3ヶ月くらい経つかな?今でも夕食の多くはリトルミレットです。

朝食はというと、ここ最近は”ベジバーガー”。

私たちの朝食パターンは、大体の気候によって変えてます。

寒い時はスープやさつまいもを練りこんだ全粒粉のチャパティ、暑い時期はヨーグルトサラダとチャパティなど身体を冷やせるものを摂ってます。

インドでは「ライタ」と言って、ヨーグルトにキュウリや他の野菜などを和えて塩で味付けする1品が多く添えられます。

アーユルベーダの食べ方です。

(ヨーグルトは塩と野菜で食べると消化剤になり、暑い時期は身体を冷やしてくれます。冬にこれを食べると咳が出やすくなったり風邪をひきやすくなるのでご注意。ヨーグルトは砂糖で食べるとおやつになり消火剤の働きは得れません)

今はまだ朝晩は少し寒いので、サツマイモを多く摂るようにしていて、スープにしたり、パン生地に練りこんだりもしてます。

ここ最近はオーツとサツマイモをたっぷりと練りこんだパンを焼いていてこれが朝食のベジバーガーになるベース。

ほんのり甘くて最近の一番お気に入りです。

ちなみに私はパンがあれば生きていけるくらいパン好きで、やっぱり自分で作ったパンが一番美味しいので、こだわって作ってます。

ベジバーガーの中身は、生ひよこ豆からオーブンで焼くファラフェルを作ったり、または茹でひよこ豆を潰して色々混ぜ込んでサラダ風にしたりと。

その上にスチームキャベツサラダに、カシューナッツマヨネーズをたっぷりあえる。(レタスがあればいいけど、インドはレタスは売ってないので)

カシューナッツマヨネーズは卵なし、オイルなし!

ベジタリアンの方にはオススメ。

材料書いておいきます。

カシューナッツ(水に15分くらい浸けておく)
レモン汁

にんにく
黒塩(なければ普通の塩)

をブレンダーでスムーズなマヨネーズのかたさになるまで攪拌。

めちゃくちゃ美味しいです。

グラムとかは全て感覚で作るので適当なので、初めから水を入れ過ぎずに足していってください。

パンですらグラムを計って作ったことがないほど、計らない人なので。。。(笑

てきとーでも感触でわかるんです。

こんなベジバーガーを朝食に作ってみたら、グルジは

「暫く飽きるまで毎日これでいこう!」とかなり気に入ったようです。

人に祈りを捧げる

久しぶりに鼻風邪引いてしまいましたぁ。。。

咳もなくただ本当に鼻だけなのですが、どうもアムリトサルから帰ってきてからなので酷い大気汚染にちょっとやられた感じ?

ニューイヤーだったのでみんな初詣で道路は大渋滞しまくり。
汚染レベルは想像以上にすごかったです。

グルジは喘息にならなかったのが救いですが、やはり大気汚染の酷いところに数日いると、気管がブロックされてくるらしくスッキリするまで2週間くらいかかるみたいですが、ようやく調子を取り戻してきたところです。

 

アムリトサルから帰ってきてからちょっと身体が重く、もしかするとこの重さはグルジのオーラがお疲れになっているからじゃないか?と思い、遠隔で隣の部屋からグルジのオーラを浄化してみると、私がすごいスッキリした!?

やっぱりグルジのエネルギーを無意識的に吸っていたと確信!

「グルジのオーラ浄化したら、私の気分がすごいスッキリした!やっぱりグルジエネルギー吸い込みすぎてた証拠だわ!」とグルジに言ったら

「またそんなこと言っているよ!」と絶対信じないんですけど(笑

でもグルジはその後、気管が開いてきた!とスッキリしてきたご様子。

これは「サイキックスポンジ」と言って、無意識的に人のエネルギーを吸い込んでしまう現象なんです。

人の気分に敏感だったり、パーティーやデパート、マーケット、人ごみに入るとすっごい疲れるという人は他人の抱えている重たいものを無意識にうちに吸い込んでしまい、「早く帰りたい。。。疲れた。。。」となってしまうサイキックスポンジの可能性が大です。

このように人混みで疲れやすい人は、人ごみに入る前に自分のオーラをイメージで出来るだけ小さくします。そしてオーラの一番端にクリスタルやミラーでもいいですし、外のエネルギーが自分のオーラに入ってこないようにバリアを張ります。

出かける前にこれをやっておくと、疲れにくくなります。

 

 

さて、話は変わって、最近は祈りの時間を多めに作っています。

まだ朝晩は冷えるので、午前は屋上に出て陽に当たりながら身体を温め祈りの時間にしています。

 

今、病で苦しんでいる人が健康を取り戻せますように。

今、不幸のどん底にいる人が、幸せになりますように。

今、お金に困っている人がお金が手に入りますように。

今、愛を感じられない人が、愛すること、愛されることを経験できますように。

 

もし敵対する人がいるなら特にその人に向けて祈ってあげてください。

大嫌いだからこそ、こいつに幸せになって欲しくない!って思ってしまうこともあるでしょうが、嫌ったり怒り続けてイガイガして苦しいのは結局自分です。

そんな思いがない自分が想像できてないし、感じることが出来てないんです。
だから恨み続けるのが適切かのように思い込んでしまう。

許せるだけの自己愛のパワーがまだ持ち切れてないだけとも言えます。

でもやってみてください。

嫌いな相手の幸福を祈ることを。

何かしら相手からの変化、自分の心の変化が良い形で現れるはずです。

 

そういう相手がいない場合でも、他人の幸福を祈ってみてください。

その祈りのパワーは必要なところに行き使われます。

そしていずれ自分が必要なときにも人のために祈ったエネルギーは返ってきます。

心から他人の幸福を祈ると物事がスムーズに行ったり不思議なほど良いことが起きたりします。

心が無償の愛を感じていることは素晴らしい感覚。

是非やってみてください。

Happy new year !!! 

 

明けましておめでとうございます!

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

アムリトサルの初詣から帰ってきました。

寺院から1.5キロくらいの場所にある宿を取り
近くまで人力車で行ってもらい、そこから徒歩。
車両が入れないようになっていて、その街並みがすっごく可愛かった。

このショッピング街を進むと、寺院に入る前のゲートが出てきます。

ここでまずは靴と靴下を脱いで、預けなくてはならない。。。
そう、インドの寺院はどこも靴で入れないんです。

しかも、夜5度程度でめっちゃ寒いのに素足でキンキンに冷えたタイルの上を歩く。。。

その上、脱ぐだけではダメで、足を洗わなくてはいれてもらえない。。。

脱ぐだけでも冷えるのに、洗って濡れた状態で入らなくてはならない。
(拷問だよ!5度だよ!?と思ってました。。。)
しかもタイルが濡れているから何度も滑って転びそうになった。。。

がインド人にとっては当たり前のことなので、こんなことで拷問とか思っているのは日本人の私くらいです。

そして門をくぐると、

息をのむほど美しい寺院が現れた。

拷問も疲れも足の冷たさも全てが吹っ飛んだ瞬間でした。

 

アムリトサルのGolden Temple はこれまで写真でも何度か見ていましたが、正直実際に見たら写真より劣るだろうと思っていたんです。

ところが、実際には写真なんかでは表せないほど、美しいこと!!!

美しいだけではなく、エネルギーも強く長旅で疲れていたのにグルジも私も寺院を目の前にしたら、突然スパッと疲れが吹っ飛んで、「元気になっちゃったね?」なんて言いながら池の周りを歩きました。

ここの寺院は全員頭に布を巻かなくてはなりません。
バンダナとかなんでもOK。
オレンジのは無料貸し出しの布です。
女性はスカーフとかマフラーでも大丈夫。

夜のライトアップは素晴らしかったですが
昼もとてもいい!

寺院の左側にずらりと並んでいるのは、何千人の長蛇の列の参拝者です。
2時間はかかるだろうと思ったのですが、1時間15分で参拝ができかなり早かったです。

これまでに4時間とか7時間とか参拝できるまで並んだことがあるので、2時間くらいはなんてことないと長蛇の列に入りましたが、1時間ちょっとだったのはかなりの救いでした。

この寺院の池の周りはぐるりと歩けるようになっています。

しかも24時間食事も無料で提供されます。

私たちは寺院で使われるgheeというバターがあまり好きではないので、頂きませんでしたが、いくらでも食べさせてくれるそう。

この木はヒーリングツリーと言われているそう。

この木のすぐ向かいで食事がもらえます。

ここ寺院周辺にある、彫刻や銅像がとてもいい!!!

パンジャブ州は初めてだったので、とても新鮮でした。

インド人といえば、長いお髭にターバンって印象があると思いますが
このスタイルはパンジャブ州の人たちだけなんですよ!

こんなにいっぱいターバンを巻いた男性を見るのは初めてでした!

帰りは濃霧でフライトの殆どがキャンセルになり
ブッキングしなおしても、またキャンセル、またキャンセル。。。と続き
14時には帰宅の予定が、23時の帰宅になりましたが
翌日になることなく無事帰宅でき、ホッとしました。

今年もまた元気一杯の一年にしたいと思います。
皆さんにとって素晴らしい1年となりますように!