家庭の笑顔


この村の人たちを見ていると、都会と比べて笑顔でいる人がとても多いです。

インドの都会だと忙しかったり、またはエゴでツンツンしてたりであまり笑顔を見かけないのがちょっと残念。

先日Rさんからお便りを頂いたのですが、12歳の娘に「ママはこの家の中で一番年下だよね。体は大人だけど…。だいたい8歳くらいかなあ。私よりは下だね。」と言われました。あまりにも当たりすぎていて何も言い返せませんでした。

と言うくだりがあり、朝から爆笑してました。

グルジが他界してから笑うことが少なくなってしまったので、朝から笑わせてもらえて嬉しかったです。

もちろんご本人は笑わせる意図は全くなかったと思いますが。

でも、Rさんは

「子どもたちが生まれてから「良い母親でいないと」と気を使っていた時があって、しばらくして気がついてみると大人風を吹かせて子どもたちをどこかの教官のように指導している自分がいました。これではいけないと改めた結果、いつの間にか子どもたちにイタズラしたりからかったりする親になってしまいました。学校に行っている間にも勉強や友達のことで子どもたちにはそれなりのストレスがあるだろうと思うので、家に帰ってきてからは私のteasing で笑い、リラックスできたらという思いでいるんです。」

とありました。

娘さんもジョークっぽく(絶対本気 笑)ママは精神年齢8歳とか言っているんでしょうけど、大きくなった時に「私のママはいつも私たちを笑わせてくれる最高のママ!」って思うときが来るでしょうね。

やっぱり家庭の中で一番必要なのって、母親の笑顔じゃありません?

これさえあれば、夫も子供達も頑張れるし、苦難も乗り越えられる。

笑顔でいることや笑顔にさせるって、簡単じゃないですよ。

むしろ不安になったり、イライラする方が簡単にはまりますけど、それを笑顔でいよう、笑顔にさせようというのは、なかなか難しいところ。

Rさんの場合は、ある部分では精神年齢が低いところもあり(こんなの誰にでもありますよ!ただ娘さんがすごくしっかりしているため、見抜かれてしまっているだけ!)ある部分ではとても理解が深いところもあり、ある部分では非常に霊性が高いんです。

そんな母親に育てられるお子さんたちの成長がとても楽しみです。


ここの村での笑顔。
やっぱり笑顔って癒されます。

地べたのドンと座り孫をあやす近所のおばさん

夕飯を作るおばちゃん
彼女はいつ会ってもニコニコしてます!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *