オンラインセッションのお知らせ

大変長らくご無沙汰しています。

Mt Abuに出向いたり、グルジが風邪を引いたりとバタバタしていました。

ブログをアップしようと書き途中のままだったりで、しばらく書けないまま次のセッションになってしまいましたが、あまりにも長いこと書けずにいたので、インドでのたれ死にしてないかとご心配かけてしまっていたらすみません。

ちょこちょこと書き途中のものもいずれアップしていきたいと思っています。

今こちらは選挙中で、選挙カーが爆音で停車したり、徐行したりで道の渋滞がすごいのですが、その大気汚染でみんなゲホゲホ状態。

グルジのように喘息持ちには汚染度も限界のレベルで、暫く選挙が終わるまでマーケットに買い出しに行くのは控えることにしました。

グルジは今も若干風邪気味ではありますが、悪化することなく乗り越えているところです。

今回のオンラインセッションのお知らせです。
12月15日(日)から12月22日(日)まで受付けいたします。

時間帯につきましては、
日本時間13時、オーストラリア時間QLD州の14時から22時までとさせて頂きますのでよろしくお願いします。
(以前より1時間遅い開始時間となります)

ご希望の方は第三希望までご都合の良い日時をお送りください。

インドのサーバーの関係だと思いますが、メールが通常通り送受信されないことが出てしまうことがあります。
ご連絡を頂いた後、24時間以内に返信が届かないという場合がございましたら
スカイプ アカウント名: yukiekohata / Australia また LINE 、FaceTime でもおこなえますのでよろしくお願いします。

見えない存在

女医Kさんの最後のトピック

おじいちゃんについて。

Kさんのご主人のK家は医者で代々続いている家系です。
おじいちゃんが開業し、子供が引き継ぎ、Kさんのご主人が孫にあたります。

Kさんはご夫婦揃ってお医者さま。

これまではおじいちゃんのクリニックではなく、大きな病院でお勤めでしたが、ある時を境にKさんのご主人がクリニックを引き継ぐことになりました。

そして機を見てKさんも入ることになります。

それまでは血縁関係のない方がそのクリニックを引き継ぐ予定でいたのですが、突然別の場所で開業すると言い、カルテを全て持って出て行ってしまったのだそう。

そんなことがあり、ご両親がKさんのご主人に引き継ぎの話を持ちかけたのだと思います。

Kさんはとにかく義理の父母を好んでいませんでした。

このご両親は、すごくエゴが強く人を見下した物の言い方ばかりをするようで。。。

そんなご両親のやってきたクリニックに入るのも嫌だったし、何かと口出されるのも面倒だし、改装すると言っても文句を言われるくらいでした。

こんなに義理の両親を好んでないのに、このクリニックに自分も入って継ぐことを他界したおじいちゃんはどう思っているのか?

というのが質問でした。

実はおじいちゃんはどうしても、このお二人に継いで欲しかったんです。

血縁関係のない他人が引き継ぐのではなく、孫夫婦に継いで欲しかった。

だからおじいちゃんは、引き継ぐ予定だった人に出て行ってもらって、Kさんたちを引っ張り入れたんです。

Kさんはずっと引き継ぐことにパッとせず、お勤めの大きな病院の方に執着もありました。

ですがご主人は一足先に引き継いでいて、Kさんの診療室もリフォームし準備万端でしたが、まるでヤルヤル詐欺のようにKさんがそちらに入るまでは数年かかりました。

ですが入ってみたら、やっとゆっくりなペースで患者を診れたり、自分のやりたいことに時間を使えたりと、相当充実し満喫しているようです。

おじいちゃんのおかげですね。

見えない存在がどういうふうに、物事を働きかけているか。。。

これは私たちにはなかなかわかりません。

単なる幸運のようなことも、もしかすると見えない存在が何かしてくれている可能性もあります。

また不運が続いたりするのも、何かのサインかもしれません。

見えない存在は他界した家族だけではなく、天界、守護霊や高次の意識体などと言う言い方もできると思います。

私たちは見えない存在の支配下で生きています。

そういう見えない存在に感謝して生きるのは大切です。

普段から見えない存在に手を合わせて生きているならば、浮き沈みなく幸せに暮らせたり、いざという時に救いの手が差し伸べられたりすることもあるかと思います。


親子関係のカルマ

女医Kさん 前話の続きになります。

2) 母に対する怒りについて

Kさんとはあらゆる内容のセッションをしてきましたが、その中でもKさんの性格や人生に対する信念、自己評価などを決めてしまう根源となったところがこのお母様との関係であることは否めないと思います。(もちろんお母様の存在が全てを作り出したのではありませんが、ネガティブな影響が大きく出てしまったのは確かです)

母親は褒めたり、認めたりすることもなく、愛されている、ケアされているという思いもKさんの中では湧くことはほとんど無く、むしろ逆で、認められない、愛されてないと感じる思いでいっぱいになっていました。他人にでさえ心を開いて愛を与えるということも、頭ではわかっていても心では追いつかない。。。そんな人生でした。

これまでもセッションをする中で、お母様の話題が上がったことも何度かあります。
ご本人ももっと向き合ってみようとあるとき、母親に電話をして本音をぶつけてみました。

もっと理解されたかった、認めてもらいたかった、話を聞いてもらいたかった。。。

ずっと寂しい思いをしてきたことなど打ち明けたのだそう。

彼女の中で言いたくても言えなかった、つかえが抜けたことはとても大きなことだと思います。

ですが日が経つと、やはり納得のいかない苛立ちが上がってきてしまう。。。

そして前世を見てみると、

前世でも親子だったんです。

しかも逆バージョンで。

Kさんが母親で、お母様が娘。

前世でのKさんはおばあちゃんに育てられました。

いつも「お前は何もできない!」と酷い虐待を受け、心は荒んでしまいました。
自尊心はボロボロで人を貶めることで自分の自尊心をあげておくことしかできず、(実際には上がってないのですが)何か良いことがあっても喜ぶことを知らない、感謝することもない性格となってしまったのです。

前世でのKさんは子供を生みますが、そこで生まれてきた女の子が今世での母親になります。

Kさんは自分がおばあちゃんにやられたことをそのまま娘にやります。
「この役立たず!」といつも罵倒し、娘は言い返すことも出来ませんでした。

娘は大きくなると結婚し、実家を出ますがお互いに裕福ではなく質素な暮らし。娘は年に1度は顔見せに行こうと、大きなお肉を持ってKさんに会いにいきます。
当時の暮らしでは、たくさんお肉が食べれるのは年に1度だけ。

ですがKさんは「この娘は滅多に帰ってきやしない!」と折角のお土産に対する喜びもお礼も表現することなく、嫌がらせな言葉だけを浴びせてました。

そのうち娘は、「もうこんな目に合うのは嫌だ。。。」と帰るのを3年に1度、5年に1度と10年に1度と母親から遠ざかっていきました。

この話をKさんにお伝えすると、「それは(前世の娘は)今世の私とまるで同じ。。。私が先にそんなことをやってしまったんだ。。。ドカンと頭を打たれたような衝撃です。。。」と言っていました。

これがカルマです。

因果応報。

やったらやりっぱなしはない。

やられた側は悔しい思いを握りしめ、いつか仕返してやりたい。。。という念を持って死に、やってしまった側はどこかで、やってはいけないことをした。。。という後悔を持って死にます。

嫌がらせをやる側を経験し、後悔し、嫌がらせを受ける側を経験し、もう決して恨まず流すと決める。

これが魂の進化です。

もしここでKさんがまた仕返してやりたいと思って今世を終えるならば、来世で復讐劇の続きが始まりです。

お分かりの通り、堂々巡りになるだけなんです。

お伝えしただけでも「そういうことだったのか。。。」と握っていたものが落ちますがここで終わりにはしません。

前世から恨まれたエネルギーや、自身の後悔を浄化することで、目に見えない前世から背負ってきた重さが抜け、新たな関係のスタートが切れるようになるんです。

前世のエネルギーを浄化したことで、相手が別人のように突然優しくなったりすることも多々あります。
またはなぜか付き合いやすくなったり、お互い笑えるようになったり。

Kさんはこれまでの大きな恨みはもう落ちたと思います。
引っかかりが無くなれば、老後の母を優しくいたわることも自然と出来るようになることと思います。

これで母親との間のカルマの終焉です。

お母様との関係はまるで大きな氷の塊のようで、この氷があったがためにKさんはどうも、人に対して愛情を与える、感じるというところの感覚が鈍くなっていたんです。
ですが今はその氷が溶けたことで心の中の温度も上がり、他人に対する愛情や自己愛もこれからもっともっと感じられるようになってくることと思います。

こんな状況でしたが、Kさんはいつも笑顔が素敵な方で、子供たちにはちゃんと愛情をかけることが出来ているのは本当に救いで、母親として立派に頑張っています。



前世からの恐怖症

今回のセッションは予定よりも延長になりまして、数日自己浄化期間でゆっくりしていました。

覗いてくださっていた方々、なかなか書けずにいてすみません。

セッション期間中は晴天の日々が多く、雨も1、2度ほんの少し降ったくらいで、すっかりモンスーンも終わったんだなぁとホッとしていたら、またやって来ました、大雨!

モンスーンが振り出しに戻ったかのように朝から晩まで、降りっぱなしです。。。

インドはダサインという1年で一番大きい、日本で言うならお正月なみのフェスティバルが始まりました。

日本でも年末の大掃除をしますが、こちらではダサインの大掃除!

そんなに大きな家でなければ外壁の塗替えもこの時におこないます。

みんな窓を拭いて、モップがけしてと大雨の中掃除に大忙しです。



さて、
今回のセッションの後で、女医のKさんが「最初に幸衣さんと出会ったころからブログを読ませていただいて、人生や生まれ変わりの意味を他の方の事例を通して知ることで、考え方も少しずつ変わってきました。私の話も教訓的なので、ブログに書いてくださって大丈夫です」とメールをくださいました。

有難く書かせていただきます。

Kさんの今回のセッションのご依頼の内容が3つ。

1)クモ恐怖症
2)母に対する怒り
3)おじいちゃんについて でした。

折角ですので、何かしら参考になるかもしれませんので、全て書かせてもらうことにします。

Kさんとは、初めてのセッションから4年のお付き合いになります。
これまでも色々な内容がありましたが、まさか「クモ恐怖症」を抱えていたとは知らず驚きました。

まず浄化する前に、なぜそんな恐怖症になっているのかを霊視。

今世で特にクモに噛まれたような経験やトラウマもないのに恐怖症を持っている方は前世の記憶が出てきているんです。

Kさんも、まさにそれでした。

この前世でKさんは男性で、ジャングルの中を3人で歩いていると、小さなクモがたくさん繁殖しているところに足を踏み入れてしまったんです。

この小さなクモが恐ろしい毒蜘蛛で。。。

すぐに引き返したものの、片足は倍に腫れ上がり、何ヶ所もたくさん噛まれたことで神経もおかしくなり頭も朦朧とし、まともに考えることもできず1ヶ月は寝たきりになってしまいました。翌月には少しずつ歩けるようになり、幸い2ヶ月後には回復しました。

が!この前世ですでにクモ恐怖症です。
家の中にクモが入ってきただけでも恐怖でパニックになるほど。

これが前世のクモ恐怖症のトラウマとなったストーリー。

浄化に入る前にクモを想像してもらうと、写真も見てないのに
「うわー怖い!本当に怖い!うわーダメだ!」と物凄い反応。

そこでその恐怖と前世のトラウマが繋がるエネルギーを浄化。
そしてもう一度クモを想像してもらうと、
「嫌だとは思うけど、もうそこまで怖いとは思わなくなった。あれ?なんか大丈夫かも?」とすっかり落ち着いた様子でした。

これでもうパニックになることはないはず。

前世から作り出している「恐怖症」とサヨナラです。

ちなみに別件になりますが、閉所恐怖症の方とワークしたことがあります。
前世で生きたまま棺桶に入れられ、生き埋めにされているシーンが見えました。

それをお伝えすると「映画で棺桶に生き埋めにされてるシーンを見たとき、あまりの恐怖心に、なんでこんなに怖いんだろうと思ったのをよく覚えているのだけど、自分の前世の体験だったんだ。。。。」と驚いてました。

このケースもその経験のトラウマを浄化し「閉所恐怖症」とサヨナラです。

今世でトラウマになる経験もない恐怖症は、意味不明でとても厄介なことだと思いますが、前世からの記憶を掘り起こし浄化することでこれまでのパニックから脱却し、落ち着いた状態で暮らせるのであればとても嬉しく思います。

Kさんの2)と3)の話は追ってアップしていきます。




オンライン セッションのお知らせ

ここ最近ハーブのリサーチに没頭していて、ブログのアップも久しぶりとなってしまいました。

パラサイトクレンズのその後ですが、こんなにも消化力が上がったことはないというほど、消化器官が楽になったことを実感し、大げさに聞こえるかもしれませんがまるで新しい臓器に生まれ変わったかのような感覚です。

グルジの方は、咳もすっかり良くなりました。
今までの偏頭痛や筋肉、関節痛の酷さも嘘のように消えて、鎮痛剤がないとどうにもならない時も以前は多々ありましたが、パラサイトクレンズをしてからは鎮痛剤の存在をすっかり忘れてることに本人が驚いてました。

その上グルジはお腹のガスっぽさもなくなり、なんと痩せました!
今までと何も変わらない量を食べているのに、(炭水化物も結構食べてます)
溜まっていた脂肪がスルリと溶け出したかのように、お腹、わき腹がほっそりとしてきました。5センチくらい減ったようです。

パラサイトがいると太りやすいようですが、グルジはそんなに大食でもないのにお腹に脂肪がつきやすかったのですが、今では普通に食べながらも老廃物は溜めずに自動的に掃き出されていく感じで本人も喜んでいます。

**********************************

身体も中からスッキリしたところで
オンラインセッションを始めたいと思います。

9月8日(日)から9月20日(金)まで受付けいたします。

時間帯はこれまで同様、時差の関係により一番早いセッション開始時間は
日本時間の正午12時、オーストラリア時間QLD州の13時から22時までとさせて頂きますのでよろしくお願いします。

ご希望の方は第三希望までご都合の良い日時をお送りください。

インドのサーバーの関係だと思いますが、メールが通常通り送受信されないことが出てしまうことがあります。

ご連絡を頂いた後、24時間以内に返信が届かないという場合がございましたらお手数ですがスカイプの方に直接メッセージをお送りください。
スカイプ アカウント名: yukiekohata / Australia 
また LINE でもセッションはおこなえます。

お問い合わせのメールはspiritual-counselling@hotmail.com の方にお願いします。
他のメールアドレスは送受信されないことが多発していますので、上記のアドレスにお願いします。

咳や痰に効果的なもの

グルジもパラサイトクレンズで風邪と同じような症状となってしまい、今回はただの風邪ではないので少し長引いてしまいましたが、もう心配のいらないレベルまで良くなりました。


インド流を含めて、咳や痰を止めるのに効果的だったものを書いておきます。

・ハルディミルク
材料:牛乳、生姜のすりおろし、ターメリックの粉0.5g 小指の爪先程度、蜂蜜
ターメリックはカレーの材料の1つですが、過剰摂取すると腎臓を壊します。
インドでは咳が出たらこれを飲みます。
かなりの特効薬。

・クローブの種:クローブを炒ると倍の大きさにプクッと膨らみます。(炒ることで効果が上がるのだそう)
それを潰して粉にして上記のハルディミルクに入れて飲むのも効果的。

・または炒ったクローブを2つ、口の中で噛みながらゆっくりと喉へと流し込んでいくだけで、私は咳が一発で止まりました。

・蜂蜜コーヒー:ブラックコーヒーに蜂蜜を入れて飲む。気道が開き痰が出やすくなります。

・トゥルシー:液体バジル、またはバジルの錠剤。薬用に使われているのはスイートバジルではない種類です。

・甘草の錠剤:甘草は痰が切れやすくなりお湯でこれをとっただけでもかなり効果がありました。甘草ティーも効くと思います。

・生姜、デーツシュガー(または黒糖か蜂蜜)、レモン:この3つの組み合わせのティー

・ビタミンC

・アシュワガンダ:インドではどこでも手に入るアーユルヴェーダのハーブなのですが、免疫力をあげ弱った身体にとてもいいです。過剰摂取すると肝臓を壊します。

・蜂蜜に関しては、”生蜂蜜”が特に効果的です。
手に入るようでしたら、トゥルシー(バジル)の花から採取された生蜂蜜は、どの蜂蜜より薬効があり、鼻水や喉の痛みにも良く効きます。味もトゥルシー独特の香りで日本人には薬っぽく感じますが、ちょっと喉や鼻にきたときに悪化させてしまう前にこれを摂っておけば未然に防げそうです。
ただパンにつけたりするには美味しいとは思えないのが残念。
眠たくなる咳止めシロップより、この蜂蜜とクローブの方が効果的にすら思います。

ちなみにインドやネパールではトゥルシーをベランダや庭で育てる習慣があり、この香りに馴染みがあるため、美味しいと感じるのだそう。(スイートバジルとは違った種のバジルで食べてもあまり美味しくないのですが、ハーブティーとしては美味しい)

・ペパーミント、ユーカリのエッセンシャルオイルをベースオイルに混ぜて胸と背中に塗る。咳が楽になり鼻も通りやすくなる。

・ヴィックスヴェポッラップ+ソックス:足にヴィックスヴェポラッブを塗って靴下を履いて寝る。これは人によってはかなり効果があるみたいです。

・パパイヤリーフの錠剤:パパイヤの葉っぱは血小板の少ない人が摂ると、一気に増えるハーブ薬ですが、免疫機能を上げる一面もあり風邪をひきやすい人は、滅多に風邪をひかなくなったりといった効果があるそう。
グルジの身体にはパパイヤリーフが合っていて、咳の数が減りオーラが強くなるのがわかります。(私自身にはそんなに変化は感じられませんでしたが。)

アーユルヴェーダは植物を使った薬ですが、どんなに自然とはいえ、身体に合わないものもありますし、アレルギー反応が出る人もいますので絶対に少量から試してみてください。

それと昔から薬はお茶で飲むなと言われてますが
あるアーユルヴェーダの錠剤を摂った20分後くらいに緑茶を飲んだら
”混ぜるな危険”状態となり、突然呼吸困難となったことがあります。
そのハーブは前から摂っていたので問題はなかったのですが、カフェインか何かの成分が混ざったことで危険に晒されたことがあります。
ですのでハーブは組み合わせが悪いと大変なことになる可能性もありますのでお気をつけください。


パラサイトクレンズのまとめ

1週間のハーブ摂取期間を終え、1週間のインターバルが終わる頃に熱を出してしまいました。。。

パラサイトが死滅していくときに放出される毒素でかなり弱っていたのですが、そこでインターバルに入りパンや米を普通に食べ始めたのが良くなかったのかわかりませんが。

高熱を通過し5日目になんとか熱も咳もおさまり2週間のインターバルになりましたが、回復したのでラスト1週間のハーブを摂り始めました。

3日目までは大きなリアクションはなく通過し、ここから激しい頭痛がやってきました。

殆どのパラサイトは死滅していて、もうリアクションはないのかと思ったらここからまた大波です。

ですが前回の1週間をやってみて学習したことは、

1)腸内洗浄の頻度が足りなかった

2)出来るだけ早く死んだパラサイトを放出するために、Psyllium husk (オオバコ種子殻パウダー)を摂っていなかった

この二つを怠ったがために疲労が抜けなかったのですが、この二つを今回は徹底してやってみると、あっという間に疲れや頭痛も抜けるようになりました。

ちなみにこれは断食の時にやるととても効果的に疲れが抜ける方法なのですが、パラサイトクレンズでもやるべきだとは知らず、インターバル中に検索し、ハスクとエネマ(腸内洗浄)をやっている人がいて、これが楽に乗り越えるキーだとやっと気づきました。。。

朝一と、夜寝る前に大きなグラスにシリアムハスク大さじ1を水に溶いて飲み、朝に目覚めからもうすでに疲れている場合は午前に、または夕方に疲労感が増したらその頃に一度腸内洗浄。
(シリアムハスクドリンクには、ベントナイトクレイがあればこれを小さじ1混ぜて飲むと、毒素や汚れをくっつけて掃き出す効果が上がります。インドでは食用で良質なベントナイトが手に入らなかったので今回は使用しませんでしたが、断食の時には必ず使っています。)

これで一気に体が軽くなり乗り越えられます。

シリアムハスクを摂るときは、普段よりもずっと多く水を飲まないと便秘を引き起こしたりするのでたくさん水を飲んでください。

グルジのハーブ摂取期間中、最後の2日間はシリアムハスクを朝晩と飲ませると、突如下痢になってしまった。。。(シリアムハスクに対するアレルギーはないのですが)

時々以前から肝臓が痛いと言っていましたが、(酒、ドラッグ、肉、揚げ物を食べないのにそんなわけない?と私は疑ってました)ハスクを飲んでから突如同じところが痛くなり下痢になったと。
すぐにハスクを摂るのをやめて、腸内洗浄を2度ほどさせると「なんかすごいのが出てきた」と言ってました。

そしてその痛みは実は肝臓ではなく、肝臓のすぐ下で大腸の上の方が実は痛かったんだと判明し、腸内洗浄で洗い流すと痛みは引いていき5日くらいで完治。

それからは下痢も、肝臓が痛いと思い込んでいた腸の痛みも一切出てこなくなりました。

グルジは「きっとあの痛みは、パラサイトが噛み付いてしがみついていたところだったに違いない。。。」と言ってます。

どんなに腸内洗浄をしても幾らかの毒素は回るので、パラサイトがいる人はですが、肉体労働が出来るほどのパワーが出るわけではありませんが、毒素を洗い流すことで起きているのが辛いほどではなくなります。(パラサイトは誰にでもいるようですが、悪質なパラサイトの影響がない人はハーブを摂っても特に大きな変化は無いようです)

パラサイトの毒素により、腸から毒素をどんどん吸収し肝臓にもまわり、身体が耐えられないほどの毒素により起き上がれなくなり頭痛や疲労、吐き気までもよおすというのは全く「不必要」なことです。

具合が悪くなるのはパラサイトが死んできている証拠ではあっても、苦しいレベルが高いから効果がたくさん出ているわけではないので、効果はありながらも苦しみは最小に抑えるのが一番いいやり方です。

さっさと洗い流してしまえば恐ろしい苦しみに悶えることはありません。

ただ腸内洗浄をやっても変わらない場合は、ハーブの量を減らすか、それでもダメな場合は一時休止し休養するかしかありません。

ちなみに、グルジもインターバル中に熱を出してしまい、今もまだほんの少し咳が出ています。

相当なパラサイトに身体が侵されていた証拠でもあると思います。

風邪のような症状、熱が出るのはかなり良くあるみたいですから。
ですがハーブを摂ってから、グルジから偏頭痛が出ているとは聞かなくなりました。
まだ1週間のコースしかやっていませんが、偏頭痛がすっかり起きなくなったと言ってます。

あとは関節や筋肉が酷く痛くなる症状が頻繁にあったのですが、それすらも消えて無くなったそう。

ちなみに偏頭痛や関節痛もパラサイトによる、よくある症状です。

グルジは咳が完治してから次のハーブコースに入りたいと思います。

私はハーブのコースを終えて数日経ちますが、疲れも抜けてきてホッとしてます。

消化力はかなり改善され、曇った感覚が抜け、意味不明に痛みがあったところも気がつくとよくなってました!

正直なところ、こんなにハードなプロセスになるとは思わず、これなら1週間の断食の方が全然楽だなんて思ってましたが、見えないパラサイトによって気がつくと蝕まれて疲れていたり、頭がスッキリしなかったり、身体が重くなっていたり、感情的になっているなんてこともあるかと思うと、1度はやってみる価値はあるかもしれません。

パラサイトは生物ですから、パラサイトによる不具合は瞑想やヒーリングでは絶対に解決できない。

ヒーリングで生物を殺すことは出来ませんから、やはりハーブの力を借りて中からキレイに大掃除するしかないようです。

発展途上国を旅したことがある人や、自然の中で暮らしている人は前述のパラサイトによる症状を参照してみてください。


パラサイトクレンズ 対処法

1週間のインターバルに入っていますが、ここでは食事は特に大きく変えずにいますが、オイルを取り入れています。

オイルフリーのダイエットは短期間はいいですが、あまりに長いと身体が栄養価のあるものを過剰に欲してしまうので、ココナツオイルを一食につき小さじ1程度最後に加えてます。ココナツとココナツオイルはパラサイトクレンズに適しているのもあります。(オリーブオイルでもOK。ちなみに加熱はしません。ココナツオイルは加熱すると古くなった味になり成分が変わるため)

ココナツオイルは人気がありますが、かなり慎重に選ばないと良いものに巡り会えません。

まず

生搾り(低温圧搾)と書かれているもの
ココナツクリームから抽出と書かれているもの

この二つが書かれてないものはコプラ(乾燥ココナツ)から抽出されているので低温圧搾であったとしても、材料がそもそも悪いので古い油の味がします。香りはココナツそのもので素晴らしいのですが、味は最悪です。

上記の二つが書いてあっても、質の良くない、つまり生であっても水の入ってない古いココナツが混ざって入れば味は悪くなりますので、こればかりは買ってみないとわかりませんが、出来るだけ良質なものがいいです。

ココナツオイルは栄養価も高いので、ほんの少し食べ物にかけるだけで、食べ物を過剰に欲することが減ります。

グルジはDay6に入り明後日で一旦休憩になりますが、3日目にはかなり吐き気を伴う頭痛があり日々疲労感で集中力が保てない感じです。

毒素をどんどん吐き出しているので、頭痛や疲労は普通のことのように襲ってきますが、あまりに身体が弱ってくるときは、ビタミンB(またはマルチビタミン)を摂ると活力が上がります。

頭痛はマグネシウムのタブレットで激減しました。

毒素をもっと素早く身体から排泄するのに、エプソンソルトをバスタブに入れると身体の痛みや疲労感が減ります。

インドはバスタブがないので、足湯しかできませんがそれでも疲労感、頭痛が激減しスッキリしました。

クレンジング中もそうですが、インターバル中も出来るだけカフェインを摂らず、解毒または沈静するようなハーブティーがおすすめ。

・ダンデライオン(肝臓)
・ハイビスカス(腎臓、尿路) 
・ローズヒップ(腎臓、尿路)
・カモミール(沈静)
・ミントティー(胃)

これらのハーブティーは解毒で疲れきっている身体にとても効果がありました。

かなり解毒され、身体が純粋な状態に一歩でも近づくことで、今まで食べていたものが通常のように消化できなくなることもあります。

クレンジングされた直後から揚げ物やお肉、チョコレートなどを突然食べると腹痛が起きたりする可能性があるので、身体に優しいものから少しずつ戻していきます。

クレンジングを終えた後も、Milk Thistle(オオアザミ)など肝臓を解毒するものを摂るといいです。

思っているより臓器は疲れてますので、パラサイトを掃き出し、普通食にゆっくりと戻しながらもまだ身体は繊細ですので、繊細な時にもう少し解毒していくのがおすすめ。

ちなみに、前話でも記述したパパイヤシードですが、小さじ1/2試してみたところ、生で摂るのが普通のようですがかなり私の身体には強く感じました。

そこでパパイヤシードを100度のオーブンに45分くらい入れ乾燥させ、パパイヤシード ペッパーを作ってみましたが、これが思ったよりも美味しい♡

生の苦味は消えて、マスタードとペッパーのような香りだけが残ります。

喉の調子が崩れた時に小さじ半分カリカリと食べたら、数分で喉の調子が良くなり驚きました。(喉に良いとはどこにも書かれてませんが、どういうわけかイガイガ感がスパッと良くなりました!)

その上肝臓のあたりがかなり軽くなる感覚があり、乾燥しても相当効果は高いみたいです。
むしろ私の身体には乾燥している方が合うようです。




パラサイト クレンズの食事法

5日目はまさかというくらい、背中に大きな発疹が出てびっくりでした。

痒くもなんでもないのですが、あまりにもたくさん出て焦りましたが、翌朝には何事もなかったかのように全て消えてました。

色々と体験談を読んでみると、やっぱり発疹が出ている人がいました!
引くのに2ヶ月かかったとか。。。

確実に大きな何かが体内で起きているようですが、まだ結構疲労感がありました。

6日目
なんと、ハーブを摂っても今までのように疲れなくなった。
確かにアメリカのサイトにのたうち回る痛みや疲労感は1週間と書かれていましたが本当のようです。

やっと動き回れる体調になり相当体が軽くなりましたが、頭痛は追い討ちをかけるように激しくやってきてます。

7日目
第一弾最終日で、今日は頭痛はありません。
ハーブによりどうしても若干頭がボーッとする感じはありますが身体は軽いです。

ちなみに、テープワームとか目に見えるものは全くありませんでしたが、かなり身体が軽くなったので何かしら起きたことは間違いないと思います。

人によっては消化力が上がったりするようですが、まだ2週間はこの食事で続けますので、消化力が上がっているかどうかの結果はもう少し先になりそうです。

今日から私は1週間のインターバルに入りますが、今朝からハーブをとっていませんが、頭はスッキリしています。



グルジは昨日から始め、Day2 に突入しました。
私のようにのたうち回ることもなく、平然としてます。。。。

が!すごく眠いらしいです。普段よりもずっと早くに寝てしまいました。

2日目は「身体が弱ってる感じ。。。それに眠い。。。ちょっと頭痛」と言ってます。
私よりもはるかに楽に乗り越えられそうな雰囲気です。

オーストラリアではパラサイトハーブはかなり一般的でしたが、よくよく調べると日本でもパラサイトクレンジングって結構行われているんですね。

実はクレンジグを始めてから、もう少し調べてみようなんて思って色々情報を集めてみたら結構興味深く、折角なので必要な人がいるかもしれないので書いておくことにします。

フルーツはダメと書いてあるサイトを見つけましたが全てのフルーツが良くないのではなく、(全般的には適してない)アメリカの方のサイトではいくつかのフルーツはパラサイトクレンズに適しているそう。

理由としては、フルーツの繊維が腸の中に溜まっている毒素や死んだパラサイトを掃き出してくれるため、またフルーツによっては酵素があるものが助けになるそう。(後ほど詳しく)

ちなみに、食事が変わったことで便秘になったりすることがあるようであれば、腸内洗浄をおこないます。便秘にならなくても腸の中を徹底大掃除するために腸内洗浄をする人もいます。
私はちなみに2度やりました。
(腸内洗浄キットを購入してください)

↑ これは後で気づいたのですが、ハーブを摂り始めてから頭痛や疲労がある場合は、毎日腸内洗浄をおこなってください。
これにより、疲労や頭痛からいち早く脱出できます。

私の場合はこの1週間で2度しかやりませんでしたが、毎日やるべきでした。

腸内洗浄を何度かやると良い菌も流されてしまうので、善玉菌を増やすプロバイオティックなどを摂るといいです。



パラサイトによる症状が書かれている情報があったので書いておきます。
こんな症状がある方は、パラサイトクレンズをやったほうがいいかもしれません。

便秘
下痢
ガス、膨満感
過敏性腸症候群
関節、筋肉の痛み
貧血
無性に甘いものが食べたい
油物が消化できない、また肝臓のあたりが重くなる
アレルギーが増えている
免疫機能低下
皮膚の状態 過敏症、痒み、痛み、アトピー、蕁麻疹
目、鼻、耳、肛門の痒み
腫瘍、腫れ物
神経過敏
睡眠障害
注意欠陥 多動性障害 
不安感
歯ぎしり
慢性疲労
思考がぼやける
無気力
頭痛
鼻水
下唇の内側にできる口内炎
食欲不振
口の中の後味が悪い
ニキビ 

吐き気(年間で繰り返す)
体重が増えない(特に子供)
目の下のくま
カンジダ菌の再発を繰り返す



クレンジング中の避けるべき食べ物
肉、魚、卵、果物、炭水化物全般、米、小麦粉、パスタ、パン、ジャガイモ、トマト、とうもろこし、シリアル、乳製品、砂糖、プロセスフード、揚げ物、里芋、油と塩のついたナッツ、ジュース、チョコレート、ピーナッツ、酒、蜂蜜、メープルシロップ、豆腐、テンペ、コーヒー、ケチャップ、ソース、ケーキ


クレンジング中に食べると良い食材
野菜全般:トマト、ジャガイモ、コーン以外
フルーツ:パパイヤ(酵素がある。特にパパイヤの種はパラサイトを麻痺させるのだそう)パイナップル(酵素がある)、ベリー(ストロベリー、ブルーベリーなど、無農薬のもの)
シーフード:海苔、わかめ、昆布、ひじき
豆類:ひよこ豆、レンズ豆、黒豆
生のココナツ
タネ類:パンプキンシード(パラサイトを殺す働きがある)、生のアーモンド、生のカシューナッツ、キノア
オイル:エクストラバージンオリーブオイル、生搾りのココナツオイル、アボカドオイル
アップルサイダービネガー
生姜、ニンニク、ターメリック
ステビア
ナッツミルク
キノアパスタ
生蜂蜜

ちなみに、パパイヤの種をブレンダーで攪拌(またはすり潰し)して生蜂蜜と一緒に、1日あたり大さじ1(1度に小さじ1くらい)を摂るといいそうです。
(始めは1日あたり小さじ1、1回あたり5〜7粒程度で試してください。かなり強いので消化不良を起こす可能性があり身体が慣れたら大さじ1~2まであげて良いそう)

アフリカでパラサイトに感染している子供達に摂らせた結果
1つのグループにはパパイヤシードと蜂蜜
別のグループには蜂蜜だけ
パパイヤシードを摂らせたグループの子たちの75%からパラサイトがいない結果が出たそう。

パパイヤシードはパラサイトを麻痺させ、臓器や腸でがっしりとしがみ付いている状態を緩め剥がし落とす役割になるそう。またパパイヤシードはパラサイトだけでなく肝臓や腎臓にも良いのだそう。
乾燥させてパパイヤシード ペッパーとして食せる。

私はベジタリアンなので、クレンジング中はたっぷりの野菜にひよこ豆を入れたスープにしてます。
肝臓を休ませたいのもありオイルは一切とってません。

私はリンゴを食べてましたが、調べると人によってはリンゴは食べて良いものに入っていたり、食べない方に入っていたりしますが。どっちにしても4分の1程度で少量だったので何も問題なかったようです。

パラサイトは初めの1週間で成虫を死滅させ、1週間お休みすることでパラサイトの卵が孵化し(臓器の裏などに卵が隠れている)3週目にもう一度1週間ハーブを摂って孵化した幼虫を除去できたら終了です。

多少のミスがあってもあまり神経質になりすぎずで大丈夫です。3週目の第二弾もありますから!

ちなみに何かしらのパラサイトは誰にでもいるものだそうで、ただ症状もなく何年も腸の中で潜伏できるのだそう。または新しいものが入ってきたり、とても危険な種類のパラサイトが入ってきたときは激痛になったりするということです。

アメリカでは50%の人たちがパラサイトに感染しているそう。

日本はかなり少ないみたいですが、でも実はパラサイトだということに気づいてないだけというのもありますよね。
インドは全国民100%じゃないでしょうか?(笑
ここでは新しいものや危険な種がいつでもどこでも入ってくるのは間違いないです。

ちなみに子供達は一番パラサイトに感染している率が多く、食欲が多すぎる子供たち、または痩せすぎている、というのもパラサイトが原因していることもあり、クレンジングすると食欲が普通に戻ると書いてありました。

余談ですがインドに裕福な家庭で、お母さんが100kgくらいあるのに、子供は骨と皮しかないくらい痩せている家族がいました。きっとこの二人どちらもパラサイトな気が。。。


私もパラサイトクレンズやった方がいいかもしれない?と思い当たる方は参考までに。

一度ドクターにパラサイトがいるか診てもらうこともお勧めします。

パラサイト クレンズ4日目

何度となく、「やめておけばよかった。。。」「もうここで終わりにしようか。。。」という言葉が頭の中をよぎったほどキツイときがありましたが、その度にアメリカ人の体験談で「キツイのは1週間だけだから我慢」というのを思い出し頑張ってます。

まず1日3回ハーブを摂るのですが、1日目の夜3度目を摂ったときはまさかというリアクションが。。。

私の人生では全く無縁であった頭痛。それも激痛で4時間くらい悶えていた。。。。

パラサイトが死ぬ時には頭痛が起きるとも書いてあったので、これはパラサイトが死んでいくときの頭痛を引き起こす物質に違いない。。。と何度も言い聞かせ、乗り越えましたが、あれは普通に頭痛とかいう域を超えて割れそうに思った。

そして翌日、驚くほどスッキリ!

あちこちが15分おきに痛くなる現象もなくなり、頭痛はすっかり抜け、身体が軽くなっていた。

朝の目覚めのすっきり感にも驚いた。

たった2日目にしてこんなにスッキリしていいの?と思い、この調子ならともっといけるかも?と思い3日目ハーブの摂取量を増やしてみた。

1度の量は1ml~2mlと書かれてますが、1mlでスタートし2mlにあげてみましたが、私の身体には多すぎなようで、やや麻痺状態(笑

あまりにボーッとしちゃって、これじゃ何も出来ないとわかったので、4日目にはまた半量の1ml〜1.5ml に戻しました。

半量でもこのハーブを摂るとかなり疲れた状態になるのは変わらない。

筋肉がゆるゆるになってしまい、もう包丁を持ち上げて野菜を切るのも疲れるくらい。

人によってどのような状態になるかは違いますが、中には全然何も変化がない人もいるそうなので、(きっとその人はパラサイトはいないのでしょう)何かしら身体に異変が起きているのは、クレンジングが行われているということなので、経過中は苦しい状態ですがこの先に臓器から綺麗になっている身体になると思うと頑張れそうです。

ちなみに、3日目ですが、よほどの毒素が出たのか顔や身体に小さなブツブツが出てきました。皮膚に出るというのは毒素を排泄しようとし血液にまわり皮膚から押し出そうとすることなので、よほど何かが出てきたみたいです。
ですが翌日そのブツブツも引きました。

4日目、すごく軽くですが時々短時間の頭痛がやってきます。

ちなみに使用しているハーブはこちら。
日本でもオーストラリアでもアマゾンで売ってるみたいですね。

グルジのハーブは水曜日に到着しますが、私がクレンジングを始めてからグルジも一緒に野菜スープとリンゴだけにしてますが、「こんなに身体が軽くなるとは!頭もスッキリ。コーヒーなんて飲まなくても頭がスッキリしてるし、眠気も全くこない。1年くらいこの食事で行こうか?」なんて言ってます。

ちなみにこの食事にして身体が軽く頭がスッキリするというのであれば、小麦かミルクか米のどれかまたはこれら全部がグルジには合ってないはず。

デトックスハーブが終わったら、野菜スープを継続しながら1品ずつ足してみて合わないものをしっかり把握し、今後は合わないものを食卓から排除していく予定です。